178日目 ギムナジウム作品

アイドル寮空室あり!を考えるにあたり,「ギムナジウム作品」というくくり方を提唱してみた.というわけで,とりあえずマンガ作品に限定して,思いつく限りのギムナジウム作品を列挙してみたい.作家名とかは省略ぎみに.

「トーマの心臓」「11月のギムナジウム」
「風と木の詩」
「ここはグリーンウッド」
「陽あたり良好!」
「エイリアン通り」
「ミントな僕ら」
「花ざかりの君たちへ」
「魁!男塾」(笑)
「ひみつの階段」(紺野キタ)
「フルーツバスケット」
「Landreaall」
「プリンセス・プリンセス」(つだみきよ)
「ラブひな」「魔法先生ネギま」
….
…….
とりあえず,こんくらい.またなんか思いついたら追記しよう.
――――――――――――――――――――――――
(追記)
「マカロニほうれん荘」
「ハチミツとクローバー」(昨日書いておいて忘れるなよ…)
「花やしきの住人たち」
――――――――――――――――――――――――

…あらためて思い返すと,ほとんどがモラトリアム型で,合宿型の作品が思い当たらない(モラトリアム型・合宿型ってのは,昨日の記事で私が勝手に付けた呼び方).
合宿型は,たとえば前回挙げた「メジャー」の高校編とか,六三四の剣の高校編とか,ナントカのナントカ編っていう形でなら思いつくけど,それ単独の作品ってのがなかなか見つかんない.

そのかわり合宿型は,「のだめ」ヨーロッパ編(千秋視点)とか「ネギま」ネギ視点とか,学生ではないキャラクターが共同生活をするって時に思い当たりやすい.
ということはもしや,学生が目的をもって共同生活をする,というパターンの話って稀有なのではなかろうか.そしてひょっとしたら「アイドル寮空室あり!」の特異性はそこに見出せる…!?

いや,結論を急ぐのはよそう.もう少しじっくり考える.

….

ところで関係ないが,合宿型で挙げたメジャー,六三四の剣,のだめ,ネギま,はすべて,父親の影を追いかける息子の話になってる!
いやまあ,偶然なんだけどね.とはいえやっぱりそういうパターンの物語は多いんだなあ.

父と息子の話ではない合宿パターンは,「メイプル戦記」なんかがあるかな.あれも学生の話じゃないからギムナジウム作品ではないんだけどね.

[PR]
by LIBlog | 2009-10-31 19:18 | 動画サイト関連 | Comments(0)
<< 179日目 マンガ 177日目 「アイドル寮空室あ... >>