224日目-2 ぷよm@s関連記事いくつか

最近,ぷよm@sに関するブログ記事が連続して読めて幸せだ.どれも教わることがたくさんある.

君のハートにクー・デ・グラ!  『架空戦記』03 「ぷよm@s」

ぷよm@sにみる戦い (上巻) - 教団「二次元愛」
ぷよm@sにみる戦い (下巻) - 教団「二次元愛」

週刊ニコマス棚卸12月3週号 - 続・空から降ってくるので (12/26付の記事)

以下,これらの記事を拝読して思ったこと.ネタバレを気にせず行くため格納します.何故かプラネット☆ラヴに関するネタバレもあります.なぜだ.




さて,こちらの記事は主にぷよm@sの構成について論じていらっしゃるように思う:
君のハートにクー・デ・グラ!  『架空戦記』03 「ぷよm@s」
(実はこっそりコメントでぷよm@s記事をリクエストさせていただいたのだった.お応えいただき非常に嬉しい)

BGMとバトル,キャラクターと連鎖法などに関する話も興味深いが,あっ! と気づかされたのが こちらのご指摘.

これ、多少抵抗あったとしても、一瞬で慣れます。
例えば先刻のプロデューサーの発言の「うはwwスーファミwwナツカシスww」にしても、
シーンの雰囲気作りと、状況説明と、「お前ら何やってんだ!?」ってツッコミをまとめて終わらせてます。
一瞬で。
とにかくギャグ寄りのトークパートはテンポが良い。リズムが良い。勢いがある。

このくだりを読んで思い起こしたのが,プラネット☆ラヴの冒頭.
あれもみごとな導入だったと思うが,それが何であるか,わずかではあるけれど具体的に見えた気がした.

プラネット☆ラヴ冒頭はこんな感じだ.

最初にナレーションが入り,続いて美希のセリフ.
あれは普通に考えれば異常な事態をサラリと語っているわけで,ある意味ボケである.

続いて,美希に対し千早のツッコミが入る.

さらに,やよいのセリフ.これもボケ

それに続く千早のナレーションとセリフ.やよいへのツッコミ

さらに,やよいのセリフ.これはボケ

それに対し,千早のツッコミ


この心地よいテンポのボケとツッコミからなる一連のやりとりで,状況説明や登場人物紹介,作品に漂う雰囲気などがいっぺんに示されている.これはすごい.物語を楽しむ上で,その舞台背景や登場人物について把握するための説明はぜったいに必要なのだけれど,それがするっと消化できるようになっているんだ!
(のちに明らかになる設定により,必ずしもボケだとかは言えなくなるのだけれど,初見の場合を想定して そこらへんは考えないでおく)

…まあ,とはいえ,それこそが会話パートのすばらしさの秘密だ!と単純に言えるはずもないのだが,介党鱈P作品のテンポやリズムについて,上の記事のおかげで少しだけ理解できた気がするのが嬉しい.

….

また,以下の記事では ぷよぷよ上級者ならではの視点から ぷよm@sが論じられている.
ぷよm@sにみる戦い (上巻) - 教団「二次元愛」
ぷよm@sにみる戦い (下巻) - 教団「二次元愛」

この方だけでなく,この方この方この方 のような ぷよぷよ上級者は,ぷよm@sを私の二倍も三倍も楽しめているのだろう.うらやましいことである.
これはぷよぷよに限った話ではなく,私はアイマスに関しても あまり詳しくない.いまだにバキュラとか ちんこうPとかについて よく把握していないし.ニコマスに浸っていらっしゃる方々は,私よりももっと深く物語を楽しめていることだろう.…いやまあ,私も片足を突っ込みつつあるのだけれど.

ところで下巻のほうで語られている確率に関してだが,私もかつて書いたことがある (こちら: ぷよm@sの,1/6を引くこととか).
….
どう見ても全然ぷよぷよそのものではなく,物語面からしか触れることができていない.それどころか ぷよぷよを軽視しているようにも見えてしまう.
私はどうしても ぷよm@sを見るときの視点が狭くなりがちだ.そういう意味でも,さまざまなブログ記事を拝見し,いろいろな見方を知っていけたらいいなー,と思う.

….

さらに,上の二つの記事を紹介してくださっているカズマさんも,いくつか興味深いことを書いていらっしゃる:
週刊ニコマス棚卸12月3週号 - 続・空から降ってくるので
(12/26付の記事.あ,それと言及ありがとうございます.ておくれPについて既に指摘されていたとのこと,申し訳ありません)

この記事では,ここら辺が ぷよm@sのストーリーに絡んでいて面白い話だと思った.

思うに鱈Pの予定としてはあくまで主役は春香さんでいこうとゆーシナリオだったはずなのに、予定外に千早と美希が「動いて」しまったんじゃないかなーと。なので流れのままに3人を軸にしていくのか、もしくは予定通り春香さんを今後ガンガン立てていくのかが難しいところだろうなあと

で,以下は予想でもなんでもない,私個人の思い入れの話なんですけどね.今後,春香さんや他のキャラクターがどんどん動いて美希と千早がほとんど出てこなくなったとしても,美希と千早の超々々大ファンである私は全然オーケーなんです.

なぜかというと,まず美希はpart15で,他のどのアイドルよりも壮大な夢を語ることで,もうスケールとしては遥か彼方に行ってしまったように思うわけですよ.私の中では.もうなんか,事務所内ぷよぷよバトルで納まるような器じゃないことがはっきりしたと.なので,今後ぷよぷよバトルに登場しようがしまいが構わないんです.なんというかもう,確信があるので.いやまあ登場してくれれば もちろん嬉しいのですが.

そして千早.彼女は今まで,私の言い方だと「伏線を必要とした」キャラクターだったわけです.つまりPに教わったことが全てで,そこから一歩も出ていない.いや,出ていなくても凄いんですよ.初心者が超上級者とタメを張ったわけですから.
しかしですね,さらに彼女が上を目指すとしたらどうなるか.あくまで個人的な思い入れだと強調しておきますが,「伏線を必要としなくなる」ことが その一つとしてありうるのではないかと思うんですね.要するに,あまり登場しなくなっても,それ自体が成長である,と私は思ってしまうわけです.

もちろん今後の展開はどうなるか全然わかりませんが,春香さん,あるいは他の誰かが屹立するような展開になっても,なにも問題なく受け入れる美希・千早ファンがここに居ますよ,という話がしたかったのでした.

[PR]
by LIBlog | 2009-12-28 22:20 | 動画サイト関連 | Comments(1)
Commented at 2009-12-30 03:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 225日目 アイマスクエストI... 224日目 にゅーす >>