225日目 アイマスクエストIV 第五章まで

今年最後の更新.明日から正月明けまで帰省するため,ブログは更新しません.というかネットにも繋ぐことができない.

さて,アイマスクエストIV,第五章まで見終わった.

マイリスト アイマスクエストⅣ 閣下列伝シリーズ‐ニコニコ動画(9)

以下,格納.






どうしたらいいのだろう.
悲劇に向かって,まっしぐらではないか.

第二章のキャラクターたちは,もし全員が無事に生還することができれば,救われるだろう.
やよいの見定める目標は,はるかに遠いとはいえ,不可能ではない.
しかし.
…第四章のキャラクターたちが救われる道は,私には想像もつかない.

悲壮さを漂わせているのは,第四章のキャラクターたちばかりではない.
誰も彼も,「自分よりも相手」,自分を犠牲にしても相手を助けたいという一心で,無謀としか思えない行動を取る.
雪歩は千早を.千早は雪歩を.あずさは美希を.美希はあずさを.やよいは,勇者を.

ほんとうは,そんな行動は,正しいとはいえないのに.

誰かが,「自分を犠牲にしても仲間を助けたい」と思っていたとする.
しかし,その仲間みんなが「自分を犠牲にしても仲間を助けたい」という,同じ思いを持っていたのならば.
誰かが自分を犠牲にしてしまったことは,さらに大きな悲劇をまねくことにしかならないだろう.
第五章最後のあずささんを見れば,それは分かるはず.
(タロットの呪いが,あんな使われ方をするとはねえ….あの場面は,胸が痛んで仕方がなかった)

しかし,その行動は正しくないんだ,とキャラクターたちに訴えかけることができたとしても,なにも変わりはしないだろう.

もはや,正しいとか正しくないとかではないのだ.

私たちは,彼女たちが融合した二人ぶんの人生と,各章で描かれた物語を生きてきたことを知っている.
だから,その身を犠牲にしてでも仲間を助けずにいられないことも,理解せざるを得ない.

どうしようもないのだ.
私たちにできることは,ない.
ただひたすら,彼女たちの無事を願い,彼女たちの願いが果たされることを祈るばかりだ.

[PR]
by LIBlog | 2009-12-29 23:03 | 動画サイト関連 | Comments(0)
<< 226日目 マンガ・本 224日目-2 ぷよm@s関連... >>