248日目 かみなりむすめみき・たかね

アイドルマスター 2009年下半期ニコマス20選まとめ動画 (vol 1, vol 2 経由で見た かみなりむすめみき と,続編の かみなりむすめたかね が,とても素晴らしかった.

かみなりむすめみき‐ニコニコ動画(9)

かみなりむすめみき

かみなりむすめたかね‐ニコニコ動画(9)

かみなりむすめたかね

かみなりむすめという絵本をもとにした作品らしい.

とにかく絵がすごい
そしてその絵と,文章と,そしてほとんど無音であることも含めて,作品をただよう雰囲気がとても独特.
どこか愛らしく,ちょっとだけ恐ろしく.

それと,ストーリーがこれまたすごくいいんだ.

以下,感想を.ネタバレなので格納.




原作にあるのか付け加えた部分なのか分からないけれど,すごくいいなあと思ったシーンがある.

それが,おっかあ・タカネの昔のエピソード.

e0175273_231347.jpg

e0175273_2333487.jpg

タカネも,ほかの子たちと遊ぶのを とがめられていたんだ.
ミキが,人間たちと遊ぶのを ゆるしてもらえなかったように.

このシーンがあるから,タカネおっかあがミキを連れもどすことが,たんに子供の気持ちなんか全然おかまいなしに強権をふるっているだけなのではない,と分かる.
ミキの胸中を,タカネが思えないはずがない.それを分かった上で,それでも連れもどしているんじゃないだろうか.

そう考えてからもう一度見てみると,小言をいうおっかあも,おしおきをするおっかあも,どこかやさしく見える.

e0175273_2381614.jpg

この物語世界では,ほかの種族とかみなりの子は,仲良くすることができないのだろう.
タカネおっかあには,そのことが分かっている.たぶん,みずからの経験によって.

ひとりひとりは,ちょっとの間だけは,ひびきとミキみたいに仲良くなれるかもしれない.
だけど長い目で見ると,人間とかみなりの子は,仲がいいままではいられないんだろう.
だから,ひびきとミキは,ずっと幸せな友達ではいられない.
タカネおっかあには,そのことが見えているに違いない.

…タカネの昔のシーンが入ることで,そんなことまで想像させられてしまう.

さらに勝手な読みをすれば,かみなり(の子)って,じつは孤独な一族なんじゃないか?
持っている力が強いからか,あるいは別のなにか悲しい理由によって.
そう想像すると,ミキが連れもどされたのは,すごく絶妙なタイミングであるような気がする.
ひょっとしてひょっとしたら,タカネおっかあは,ミキがひびきと一回だけセッセッセするのを,見逃してあげたのかもしれない.
あとで思い返して幸せになれるだけのあたたかい思い出を,ミキに残してあげた,のかな.

セッセッセというのがまた泣かせる.
手と手が直接触れる,相手とリズムを合わせる.
手が触れ合って,心が合わさって,友達だってことを実感する遊びだからなあ.

うむ,そろそろ妄想が暴走気味だ.自重,自重.

でもまあ,間違いなく言えるのは,かみなり(の子)は,理不尽な悲しみを常に背負っているってことだろう.
だから,物語を見終えて思うのは,

英雄よ,いでよ! かみなりの子たちと,人間や,それ以外の何か (カッパとか幽霊とか) の間のミゾやカベをぶち壊して,美希たちが仲良く遊べる世界を作れ!

なんてなことだけど,それは昔話というより神話に求めるべきことかもしれない.

すこし,かなしい読後感こそ,この物語にふさわしいんだろう.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-01 23:34 | 動画サイト関連
<< 249日目 雑誌メモ 247日目 ぷよm@s予告編 >>