「トルネコの大冒険クリア動画」にニコニコ動画の原点を思い出させられた

きっかけは何だったか忘れてしまったが,ずいぶん昔に見ていた「トルネコの大冒険クリア動画」シリーズを久々に見直してみた.
これ,いま見ても非常に面白い.シリーズ最後まで見通してしまった.そして,ニコニコ動画の面白さの原点が何だったのかを思い出した.

マイリスト トルネコの大冒険クリア動画 (不思議編&もっと不思議編)‐ニコニコ動画(9)

トルネコの大冒険クリア動画その1

――――――――――――――――――――――――

ニコニコ動画の視聴には登録が必要です(こちらから.無料です).

――――――――――――――――――――――――

投稿されているのが2007年初頭だから,ニコニコ動画の黎明期と言ってもいいと思う.sm番号5桁だし.

内容は,スーパーファミコンで出たゲーム「トルネコの大冒険」(→ トルネコの大冒険 不思議のダンジョン - Wikipedia)をクリアするまでを収録したゲームプレイ動画.
動画の内容はプレイ画面だけで,いまやゲームプレイ動画には当たり前のように実況や投稿者コメントなどが入ることを考えると,この構成はものすごくシンプルに感じる.

ところが,これ,プレイ画面を見ているだけでぜんぜん飽きない.それは,このゲーム自体が,のちにシレンなどで展開されていくように非常によくできたゲームだということもあるけれど,プレイヤーがかなり熟達していることも大きい.なにしろ,ちょっと不思議,不思議,もっと不思議のダンジョンをそれぞれ一発クリアしてしまっているのだから.
プレイヤーの洗練されたゲームプレイに思わず見入ってしまうのだ.

毒けし草をおばけキノコに投げると大ダメージ.知らなかった…….コメ見ると常識っぽいけど.
e0175273_20472576.jpg


やっかいな敵,爆弾岩もきちんとダメージ調節をして爆発させずに倒す.これは怖くて私にはできないなあ.e0175273_20522187.jpg

しかしプレイ内容もさることながら,この動画が魅力的なところは,コメントだ. コメントを追いかけながら見るのが非常に楽しい.
構成がシンプルな分,プレイヤーの心を想像したり,疑問とか解説とかを視聴者が入れたり…….
そしてなにより,悲喜こもごもを共有できる楽しさがある.

チャンスがくればみんなで喜ぶ.これは最強の盾「はぐれメタルの盾」を入手した直後に,空腹が遅くなるというチート級のアイテム「皮の盾」を続けざまに手入したところ.我がことのように喜ぶコメントがほほえましい.
e0175273_210412.jpg


しかしチャンスの後にピンチあり.絶体絶命の危機に陥ることもある.体力が減っているときに強敵に囲まれ,しかも罠により眠ってしまった!
e0175273_2121683.jpg
このときの阿鼻叫喚っぷりもなかなかのものだ.
e0175273_2134285.jpg

ときには遊び心が光るものもあり,笑わせられてしまう.

今では流れてしまっているコメントだがこれは凄かった.敵を即死させる「ザキの杖」を持ちながらもなかなか使おうとしないプレイヤーに対し,ザキを使え!ザキを使え!というコメントが目立ってきたときに発せられた一言「ザキザキうっせーぞクリフトども」
e0175273_2110369.jpg

また時間を巻き戻す「時の砂の巻物」を使ったとき,使用前と全く同じコメントが流れる.「コメントまで巻き戻ったww」
e0175273_21143426.jpg

そう,そうだったんだ.
これこそがニコニコの魅力だったんだよな.
擬似同期してのワイワイガヤガヤ.何でもないことが面白くなるのが,ニコニコ動画だったんだ.
動画の内容が素晴らしいに越したことはない.でもそれはプロにお金を払って見せてもらったっていいじゃないか.
大事なのは,この「場」だったんだな.

同じ動画を見るものとしてテレビってものがあった(過去形w)けど,そいつは街頭テレビからお茶の間に入り,個室に備えられ,そして今一度,街頭に戻ったのかもしれない.みんなでワイワイガヤガヤ見る面白さ.それがニコニコ動画を最初に見たときに感じた衝撃だったはずだよな.
と,ニコニコの面白さの原点に立ち返ったひとときだった.

…….

この動画には,街頭の熱狂だけじゃなく,お茶の間の歓談もある.
これは目的のアイテムを取った後の帰路,もう弱い敵しか出ないフロアまで着いたときのコメント.手に汗握って見ていたみんなも一安心して雑談モードに入り,思い出話に花が咲いている.
e0175273_21262556.jpg

ほっこりするなあ.

というわけで,プレイ経験がある方には今でもおすすめですよ,このシリーズ.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-13 21:48 | 動画サイト関連
<< 「おひとり様物語」が好きだ 論文メモ >>