「765プロ in ネオ・ベネツィア」

おしるP の新作に,ちょっと……いや,かなり感動してしまったので紹介したい.

【im@s×ARIA】765プロ in ネオ・ベネツィア【第二次ウソm@s祭り】‐ニコニコ動画(9)

【im@s×ARIA】765プロ in ネオ・ベネツィア【第二次ウソm@s祭り】

──────────────────────────────

ニコニコ動画の視聴には登録が必要です(こちらから.無料です).

──────────────────────────────

この作品は第二次ウソm@s祭り(参照:im@s架空戦記ウソpart1とは (アイマスカクウセンキウソパートワンとは) - ニコニコ大百科)参加作らしい.しかし連載の第一話というよりも短編として完成している作品のように思われた.

内容は,ARIA+アイドルマスターの二次創作.

ARIA世界 (「アクア」と呼ばれる,地球外の世界.どうやら開拓された火星らしい) にアイマスのアイドルたちがライブをしにやってくる.アイドルたちと同年代らしきARIAのキャラクターたちは,その大ファン.当然のようにライブに参加し,夢中で観た その帰り道.彼女たちは運命的に邂逅することになり…….

e0175273_23242724.jpg

私はARIAをぜんぜん知らないけれど,とくに引っかかることなく自然に作品世界に入り込んでしまった.そして異世界のキャラクター同士の交流をほほを緩めながら眺め,最後には感動していた.うん,これは実にいい作品ですよ.

なにがいいかって,ARIAのキャラたちが,この出会いを確実に自分の中に取り込んでいるからなんだよね.

……ということについて語りたいが,ネタバレを避けるため格納します.
いや,まずは動画をご覧ください.損はしませんよホント.



さて,ARIAのキャラクターたちは,この作品の中で,2回,アイマスのアイドルたちに出会うことになる.

最初は,ステージを遠くから眺めるだけ.
つぎは,街で出会い言葉をかわしあう.

最初にステージを見た後に,ARIAのキャラたちは こう語りあう.

私たちと年もあんまり変わらないのに、ステージで
歌ったり踊ったり……。

とってもすごいよね!

完全に憧れの視線だ.アイドルたちを はるか遠くに仰ぎ見ている

しかし,街でアイドルたちと出会い,短い間だけれど,アイドルたちを身近に感じることができたARIAのキャラクターたちは,今度は こう語り合うことになる.

良いもの見させてもらったしね。
そのお返しはさせてもらわなきゃ。

うん。
そうだね。

それで、私の大好きな人達が
アクアの事を好きになってくれたら、
それってとっても素敵な事だよね!

そう,それまでは手が届かないほど遠くにいると思っていたアイドルたち.
その等身大の姿を見ることができたから,自分たちを そこに重ねることができたんだよね.

だから,アイドルたちが表現したもの,すなわち「歌」を,自分たちが大好きになったのと同じように,自分たちも「アクアの事」を「私の大好きな人達」に好きになってもらえるんじゃないか,と感じることができたんだ.

ラスト近く,3人ならんで月を見据える,その表情の凛々しさといったらない.
この出会いの,「素敵な奇跡」の意味が,まっすぐ私にも伝わってくる.まるで私も彼女たちと並んでいるかのように.じつに爽やかな気分だ.

私も,この作品に出会えてよかった.「素敵な奇跡」に感謝,感謝.

…….

「ARIA」も面白そうだなあ.原作も読んでみようっと.

[PR]
by LIBlog | 2010-04-01 23:33 | 動画サイト関連 | Comments(2)
Commented by おしる at 2010-04-02 06:09 x
はじめまして。おしると申します。

今回の動画はARIAを知らない人が見たら退屈なのではないかと懸念しながら公開した動画ですので、ARIAを知らない方に楽しんで頂けたのであれば、何よりです。

というか、ARIA側をメインにした意図というのが私なりにあったのですが、それを読み取って頂いてるのが嬉しくてムズ痒いです。
その辺の詳しくは、またブログの方に書く予定ですので、宜しければまたご覧下さい。

あと、もし原作コミックをご覧になるのでしたら、『ARIA』ではなく『AQUA』から読む事をおすすめします。途中で出版社が変わった為にタイトルが変わり、『AQUA』→『ARIA』の流れになってますから。

それでは、動画を紹介して頂き、ありがとうございました。
Commented by LIBlog at 2010-04-02 12:39
おおっ,おしるPにコメントいただけるとは.ありがとうございます.

「765プロ in ネオ・ベネツィア」,観終えた後のすがすがしさ,心地よさが最高でした.
個人的には,ARIAのキャラクターたちに先入観がなかったことで,かえって感情移入が強くなったかもしれないな,と思ってます.

原作,必ず読もうと思っています.「AQUA」→「ARIA」ですね.ご紹介ありがとうございます.

ブログもぜひ拝見させていただきます.
そして次回作も楽しみにしてます!
<< 出生後の心臓リモデリングにはマ... 論文メモ >>