TEDで海中散歩

あいかわらず TED がおもしろい (参照:TED (カンファレンス) - Wikipedia). どれだけ見ていても飽きない. 同じものでも何度も何度も見る. べつに英語の練習とか意識せず,ただただ見る. もう単純におもしろいのだ.

以前,宇宙論についての講演をまとめてみた (→こちら) が,今回は宇宙と並ぶ秘境,「海」についてのトークをまとめてみたい.

海洋,海底は今でも謎だらけである. 火星の地図の方が海底の地図よりも完成されているというほどだ. 浅瀬はまだいい,海底はおそるべき水圧で,4000mも潜れば暗黒の世界である. ちかくてとおい,まっくら暗い,暗い.

しかし未踏の地には足を踏み入れたくなるのが人類というものだ. ありがたいことにわれわれはTED を通じて,いながらにしてその発見と冒険のあとをたどり,その神秘の一端にふれることができる.

以下,3つほど 「海」 についての講演を並べてみる. いずれも英語の講演だが日本語字幕が出るので問題はないと思う. あるいは英語字幕で見てみるとか,字幕なしでチャレンジしてみるのもいいかもしれない.

──────────────────────────────

水中の驚き by デイビッド・ガロ (David Gallo shows underwater astonishments | Video on TED.com)

まずは5分ほどの短い講演. 海底にすむ生き物たちについて紹介している. この世のものとは思えないほど美しい光を放つ深海の生物たち. CGだろ!?と言いたくなるくらいあっという間に体色を変化させる軟体動物たち.

e0175273_22481418.jpg

写真に写っているのはイカ. 彼らの体は通常赤色なのだが,オス同士でケンカするときには攻撃色である白色に変化する.
ここで注目すべきはこちらから見て左にいるオスだ. 右にいるメス側は赤色である. しかしメスから見えない左側は白. そう,他のオスが近づかないように威嚇しているのだ. メスと位置が入れ替わると瞬時に体色も入れ替わる. ヒツジの皮をかぶったオオカミとはまさにこいつのことだろう.

講演の最後をかざるニンジャの映像も必見. もうホントに,何度くりかえし見てもそのたびごとに驚く. 動物奇想天外である.

──────────────────────────────

ティアニー・ティス: 巨大マンボウと過ごすとき (Tierney Thys swims with the giant sunfish | Video on TED.com)

つづいて,海洋生物学者による,巨体が愛らしいマンボウについてのトーク.

e0175273_2255136.jpg

気候変動や水質汚染により,クラゲの異常繁殖が世界のそこかしこで見られる. これは,こと日本のように漁業が重要な国にとってあまり嬉しいことではない. マンボウは実はクラゲを主食にしており,そのために最近注目されているらしい.

e0175273_22554072.jpg

マンボウはもっとも巨大な硬骨魚で,もっともたくさんの卵を産む脊椎動物で (一度に三億個!),成長率も脊椎動物ナンバーワン. まぬけな顔つきとひとなつっこい性格が魅力的だが,その生態はこれまで謎につつまれていた.

演者らは衛星を利用した追跡調査をおこない,彼らの一日の,そして一年の行動を明らかにしている. そこにはある意味で「引きこもり」であり,しかしある意味ではとても忙しく活発な彼らの姿があった.

内容も楽しいけれど,この演者のトークは英語の聞き取り練習にも良いと思う. わりとゆっくり話しているし,発音が非常に明瞭だ. いや,それにしてもみんなプレゼンがうまい. ほれぼれするなあ.

──────────────────────────────

ロバート・バラードの海洋探査 (Robert Ballard on exploring the oceans | Video on TED.com)

トリはこの人. 本職は地球科学者だが海洋「探検家」として紹介されている. まさに「探検家」と呼ぶににふさわしい. なにしろプレートテクトニクス理論すらなかったところから,その分野を開拓していった人物の一人なのだから. まさに地球科学の黎明から発展の時代とぴったり重なって研究者人生を送ってきたのだ.

e0175273_2334567.jpg

それにしてもこのオッサン,ひとときも休まず歩きまわり腕を振りまわし熱弁をふるう.66歳にもなるというのに,体中がエネルギーに満ちている.楽しい楽しい.

e0175273_234635.jpg

これは彼を含む調査隊が深海で発見した熱水噴出孔.300℃を超える熱水が沸くそこは,金属資源に満ち,見たこともないような生き物にあふれていた.

彼の「探検」はとどまるところを知らず,その後も世界各地の海底を探りつづける. そして地殻変動の証拠,古代文明の跡,不可思議な生態系をつぎつぎに見つけだすことになる. なんという充実した魅力的な研究者人生か. そりゃあ活力にも満ちようというものだ.

総じてみんな,子供のように目を輝かせながら語る,語る. もう海のことが心の底から大好きなのである. 演者を見ていても楽しい,もちろんトークの内容だって抜群に楽しい. 英語も勉強でき(たような気になっ)ちゃう. これを見のがす手はないですぜ旦那.

[PR]
by LIBlog | 2010-04-19 23:24 | 動画サイト関連 | Comments(0)
<< p21を抑えることで再生能力が... メシを減らせば,寿命は延びる >>