続・ぷよm@s第三部の千早についてなど.

今日,ついったーでつぶやいていた,ぷよm@sに関する話をまたまたブログに流し込んでみる. 今度はほとんど加筆もせずにそのまんま.

【厨二的】ぷよm@s part23【ぷよバトル動画】 ‐ ニコニコ動画(原宿)


ぷよm@s ‐ ニコニコ動画(原宿) (介党鱈Pマイリスト)


…….


ネタバレ回避余白.


…….


ニコニコ大百科のぷよm@sスレ,ぷよ談義はまるで分かんないんだけど>>1224さんみたいにキャラクターを語りだしてくれるととたんに面白くなる.ぼくにとっては.

あずささんについては,まあ100%ないと思うけど,「みんなで仲良くぷよぷよしたい」とは実は思ってない,という読みができなくもないと思う.単にぷよぷよは面白いからみんなやろうぜ,という意識だという読みが.つまりアイドル>ぷよぷよ,じゃなくぷよぷよ>アイドル,という「壊れた」人だという可能性が.

ぷよm@sは,すごく強い衝動みたいなもんに突き動かされている人たちが多いのよね.雪歩とか美希とかは非常にわかりやすいんだけど.で,千早はまず「歌」ってものがあって,そこから小鳥さんをデビューさせたい,そのためにぷよぷよで倒したい,自分が倒すのでなくてもいい……という思考の流れになっている,と,ぼくは考えていた.第二部までは.

でも,千早を動かす衝動は,もっとさかのぼらなきゃ分からんよ,というのが第三部でジワジワと見せている展開なんだろう,とぼくは読んでるわけで.美希や雪歩は自分の衝動をストレートに追求してるんだけど,千早はたぶんそうじゃない.いま頑張っている方向と自分の根本的な動機はズレてる.そここそが問題.

さいきん完結した,おしるPの「千早の家」シリーズ,あれはもう,まさにその部分――自分の根本的な動機――に焦点を当ててた物語で,すごく印象的だった.

千早の家【完結】 ‐ ニコニコ動画(原宿)


ぷよm@sの千早がああいう方向に行ってくれるとホントに嬉しいんだが,まあそれはぼくのエゴだね.あ,あとぼくの読みが的外れでないならば,という条件付きだけど.

でも,ぷよm@sって個々のアイドルの内面とか心理描写とかの深読みをしなくても全然構わない作品でもあるんだよな.千早についてもジャンプ的にバトルの内容だけに集中して見てもすんごい燃えるし,それはそれで正しい読み方だと思う.ここらへんのバランスがなんかもうスゲーとしか言いようがない.

ぼくがキャラクターの心理を深読みしたくなるのは,全編伏線みたいな,あの思わせぶりな演出にモロに乗っかってしまっているからでもあるよね.ぷよ戦そのものの伏線もさることながら,心理面での伏線もそこかしこに張られているわけで.

おしるP作品をさっき挙げたけど,思い返してみるとおしるP作品は読み方の正解がきちんと示されているんだよな.「地の文」があるから.ぷよm@sはキャラクターのセリフと内的独白しかないから正解がない.だからいろいろと深読みしたくなる.まあ連載中ってのもあるけど.

鱈P作品でもプラネット☆ラヴは「地の文」がある.


でもあれって作者=神視点じゃなくて,後から事件を振り返った千早視点なのよね.だから,というわけでもないけど,やっぱりそこには深読みの余地がある.

どっちが優れているとかの話じゃなくて,何を視聴者に受け取らせたいかが違っているから表現方法が違っている,ということなんだろうと思うわけで.どっちもぼくは好きです.ただ鱈P作品は,見た後にああでもないこうでもないと考えたくなるんであってね.

…….

ちと考えたことをまとめよう.各キャラクターの行動の裏には,それぞれの「根本的な衝動」がある.雪歩や美希はそれに忠実に従った行動をとっている.ところが千早の行動はそこからズレている,というのがぼくの読み.そうでないという読みもある.どっちが正しいか,が第一の問題.

んで,ぼくの読みが正しいとなると,今のままじゃまずいってことになる.じゃあどうしたらいいの?というのが次の問題になる.で,ぼくが思いついた解答例が「千早の家」で示された方向だった.

ぼくの読みが間違っているなら,千早のいまの方向は問題なくて,次はいかにして自分より強い敵とか相性の悪い敵とかを倒すか,という問題になる.

あ,そうか,べつにダイレクトに家庭の問題に向き合わなくてもいいのか.要は自分の衝動が何なのか,ということに向き合えばいいんだ.その結果として別の行動を起こしても問題ないよな.……アイマスクエスト2章のテーマのひとつがそんな感じだったはずだ.

自分の衝動に向き合う,ってのは律子さんの問題でもあるよな.千早と律子さんが抱えている問題は,方向としては同じなんだ.ということは千早・律子さんと,美希・雪歩が対極にいるのかな.

雪歩と美希について,もっと深く問題を掘り下げるとしたら,ぼく好みの方向としては「自分の衝動とまわりの人たちとの折り合いをどうつけていくか」ということなんだけど…….

すでに美希は真との間でその問題について自覚していて,さらに彼女はぷよぷよの番組を作る!という目標を持っているわけで,これもし本気で達成したいならば,個人の欲望と組織の行動との折り合いをどうつけるか,というオトナな問題にこれから直面するはず.さあどうする!?という話には……ならないだろうな.なってしまうとぷよぷよとは離れすぎるw

千早・律子タイプの問題にしても,美希・雪歩タイプの問題にしても,キョウスケPがどちらの問題も経験してそうなところがまたオイシイというか.この人も思わせぶりで面白いよなー.

[PR]
by LIBlog | 2010-12-23 22:43 | 動画サイト関連 | Comments(0)
<< どうして羽生さんだけが、そんな... ぷよm@s第三部の千早についてなど. >>