「かけがえのない家族と、はじめてのともだちの話。」

とのばな8話. もうタイトルからして泣かせにきてるとしか思えなかったわけだが,内容も鮮烈な印象を残すものだった.

かけがえのない家族と、はじめてのともだちの話。 ‐ ニコニコ動画(原宿)


ネタバレ格納~







ここんとこブログはほとんど脊髄反射でしか書いてないが,今回もtwitterのごとく脊髄反射で印象を羅列してみようかと.

時系列な個条書き感想. これは新しい.

● いおりん,サンドリヨンへのこだわりが半端ないなあ. ガラスの靴とかまでこだわるのね.

● オーディション場面は涙腺が決壊寸前. 思い出ボム炸裂に加えて翼をくださいとか,やばいでしょソレは.

● 「経験できることが嬉しい」. 震えた.

● 支えてくれる人への想いを,これほど強く伝えられる子はいないよ. うん. 技術の巧拙なんか問題じゃないんだ. これが,これこそが彼女が伝えたかったことなんだ. だからこんなに伝わるんだ. それをただひたすらまっすぐ伝えることができた今,彼女はもう「原石」ではなくなった. ダイヤになったんだ.

● 「孤高のレーベル主催者」が,意地も見栄もなにもかもすべてを包みこんで抱えてくれていたものの存在に気づいたようだ. 同時に,無意識に押し込んでいた自分の思いにも気付かされた. すごいなあ. 光のほうがずっとずっと若くて幼いだろうに,そんなことができるなんて. 表現者ってのは,そういうもんなんだな. だからこその「本物のダイヤモンド」だね.

● その威力を肌で感じたからこそのミリオンなわけだ. 決して勝算なしのバクチじゃないってことだよな.

● 光のともだちの話. リスペクト先を見るまで,彼女たちについてはぜんぜん分からんかった.

● コーちゃんとか「頭の悪いの」とか,誰だろね.

● あの「お守り」のペンダントは,もしかしたら「翼をください」へのアンサーなのかな? とかちょっと想像してみたり.

[PR]
by LIBlog | 2011-06-24 22:28 | 動画サイト関連
<< 「らいか・デイズ」12巻 子供... バグったゲームは魅惑の世界 >>