アイマスクエスト105話 一枚絵に描かれる技量の差

ておくれPの歴史的カムバック以来,毎回毎回とんでもないことになっているアイマスクエスト. その最新話の一シーンについての,まことにもってどうでもいいお話です.

【ニコニコ動画】アイマスクエストⅣ 105話 第八章09「大空の覇者」


いつものことながら (というのもすごい話なんですが),一話の中でもあっちこっちと衝撃的な展開が繰り返される今回. ただ,そのなかで個人的につよく印象に残ったのが,両雄あいまみえる場面での一枚絵ですね.

というわけで以下,ネタバレ全開のため格納~



その一枚絵というのが,コレです. 初太刀での交刃の瞬間をとらえた一枚.

e0175273_19572557.jpg


赤黒くもえるピサロの剣と,青白くかがやく閣下の剣. その対比がとても美しいですね.

……つよい印象を残しながらも,視聴時はそれで通りすぎた この絵なんですが.

胡桃坂さんの記事 (→ピサロの策略が冴えわたる!? そしてラストはドラクエⅢファン大興奮の展開! アイマスクエストⅣ 105話 「大空の覇者」 感想 - 世界の片隅で、愛を呟きたい) を読みながら,そこに貼ってあった この一枚絵を眺めるうちに,「うわっ,そうか!」 と思ったことがありまして.

というのは,ピサロと閣下の剣の技量差が今回あきらかになったわけですが,それがはっきり作中で描かれるよりも前に示されたこの一枚の中に,じつはすでにその力量の違いが描かれていたんじゃないのか? と思ったわけです.

具体的にはこういうことです. まず二人の手の内をご覧いただきたい.

e0175273_2024450.jpg

赤マルで囲ったピサロの手首が,外に反ってしまっているのがわかります. これでは剣に力を充分伝えることができません. それに対して,青マルで囲った閣下の手首はきちんと内に留まっています. これなら完全に剣に力を伝えることができます.

閣下がピサロの剣を受け流した結果,ピサロの手首が力負けして反ってしまったのか,はたまたピサロが剣を振り下ろした時にすでに外に流れていたのか,それはわかりません. しかしいずれにしても,この一瞬の攻防における両者の手の内ひとつだけでも,その力量差があからさまに出てしまっているように見えます.

…….

そのほか,剣の振るい方にも違いがはっきりと見えます.

e0175273_20935.jpg

ピサロの剣を持つ左腕 (あれ? 左利きだった? ……いかんピサロの体の向きを私は誤解してたかな? だとしたらここで言ってる全てがひっくりかえるけど…………ま,いいや. 深く考えるのはやめよう) の伸ばしている方向 (黒矢印) に対し,炎から読み取れる剣の軌道 (赤矢印) が一致していないのが分かります. これでは効率的な力の伝達など望むべくもありません. ただ,これも閣下が受け流した結果,ピサロの体が左に流れてしまったのかもしれませんが,もしそうだとしても閣下の力量の方が上だということが如実に分かってしまいます.

e0175273_20145753.jpg

対する閣下のほうは,ピサロの剣の軌道 (赤矢印) と,自らの腕を伸ばした方向 (青矢印) がぴったり一致しています. これならば,ルーラの勢いを乗せた威力ある剣を受け止めるにも十分でしょう. 相手の剣先を,自らの剣の根元で受け止めているのも理想的です.

ピサロは狙いすまして剣を振り下ろしており,閣下はとっさに受け止めている……はずなのに,このような差が両者に出てきてしまっているところに,体格,筋力ではカバーしきれぬ 「技術」 の違いがみごとにあらわれている,ように私には思えました.

ついでに言えば,ピサロは速度と体重を乗せて剣を振り下ろしているのですから,盾でも持っているのでなければ剣は両手持ちすべきでしょう. ぜんぜん威力が違ってくるはずです. 閣下の方も片手持ちですが,これは反射的に剣を出しているのだからやむを得ない所です. もしかしたら左手はたづな的なものを握っていたのかもしれませんし. ピサロは両手持ちして,腕力と体重を充分に剣に乗せることができていたら,あるいは閣下の剣をはじきとばし,切りつけることができたかもしれませんね.

なぁんてなことを,あとでじっくりとこの絵を見直していたら思いついたのでありました.

…….

知ったようなことをまくし立てておりますが,私は剣術に関してはド素人です. 玄人の方 (どういう人が 「玄人」 になるのだろう? 居合道経験者?) から見ればトンチンカンなことを言っているかもしれませんし,絵師さんの意図を大きく外したようなことを申しているかもしれません. 私の思いつきを鵜呑みにする方は,まあいらっしゃらないかと思いますが,念のためご注意いただきますよう.

…….

そもそもアイマスクエストに関しては,そんな重箱の隅的なことじゃなく,もっと他に言うべきことがあるだろう,というツッコミも私の頭の中を駆け巡っておりますが,まったくでございます. いやー,なんなんでしょうね私の興味ってのは.

[PR]
by LIBlog | 2011-08-24 20:42 | 動画サイト関連 | Comments(0)
<< 「竜の学校は山の上」 持つもの... 人はなぜ物語を読むのか >>