カテゴリ:未分類( 4 )

無職転生,完結

先日,小説家になろう歴代一位の大人気作,「無職転生」が,約2年半の長期連載を経て無事完結されました.

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

この作品は,私にとって久々に,その作品世界に浸りきってしまえるほど好きになれるものでした.それだけに,シリーズが完結した感動もひとしおでしたね.とてもさわやかで素晴らしい終わり方でもありましたから.

舞台設定は,このサイトではもはや “お約束” の異世界転生もので,現世で後悔を抱えたまま死んだ主人公が,剣と魔法のファンタジー世界に転生し,そこで大活躍……といったものです.それ自体は,とくに目新しいといったところもないでしょう.しかしそうは言っても,私自身はもう現実世界に根を張り過ぎていて,ファンタジー作品に最初からいきなり浸り切るってのはなかなかできなくなってるお年ごろなわけで,「転生」ってのはやっぱ導入として非常に有効に働いたのもまた事実ではありますね.

そうして導入されていったファンタジー世界で,主人公はその世界そのものの存亡をかけた壮大な戦いに身を投じて,というより仕方なく巻き込まれていくことになるわけですが,その戦いそのものの帰趨もさることながら,なにより私が物語の完結に際して深い満足感を味わっているのは,やはり何と言っても主人公ルーデウス君のあの臨終の際の満足感ですね.

彼は現実世界で後悔を抱えながら死んだ後に転生したとき,今度は全力で,本気で生きるって決めたんですよね.んで実際,その通りに生きた.だからこそ,今度は死に際して,心配や不安を抱えながらも後悔はしていないわけです.もう一度やりなおしたいとも,もっと生きたいとも思っていないわけです.何を成し遂げたからというわけでなく(実際すごいことを成し遂げているわけですが),良い人生だったからというわけでもなく(実際よい人生だったと思いますが),自分の人生を全力を尽くして生きようと思い,そして全力を尽くして生きることができたと思っているから,満足しきっているわけです.たとえ,「お前の人生の成果をこれからめちゃくちゃにしてやる」と,その死後に告げられても,なにも動じていないわけです.いやあ,私も臨終に当たって(それは次の瞬間かもしれないわけですけどね),そんな風に思えたらいいですねぇ.

この剣と魔法と魔物と神々の無職転生の世界を,ルーデウス君とともに体験し,彼の喜怒哀楽をそのまま味わった私が,本当に満足しながらこの世界から離れ,私の今いる世界で生きていこうと思えるのは,だから,そうやって彼に勇気づけられたからというわけでもあるのです.

[PR]
by LIBlog | 2015-05-10 07:37

「オホマスを読む」を読むべし

おそらくはオホマス最新回のコメントなどを受けて,だと思いますが,作者バニラマリンPによる作品の解説記事が投稿されています:

オホマスを読む 第一回:ばにらまりんのブロマガ - ブロマガ

オホマスが面白いのは,組織防衛を基本的な観点としてものごとを見る(ことができる)人物がじっくり描かれているところですね.しぶりんや千早,それからあずささんをはじめとした上級幹部たちの立ちふるまいがこれだけ描かれているのは,いや,本当に面白いです.

しかしそれは,面白いと同時に,読みとることが難しい事柄でもある,とは思います.

多くの人が,そもそもなぜ物語を楽しみたいのか,という理由の一つは,日常生活でたまったフラストレーションを解消したい,カタルシスを得たいという思いからでしょう.理不尽な上司に一矢報いたり,巨大な組織をひっくり返したり,といったことは,いち小市民である我々にはふつうはできません.でも,物語の中ならできる.多くの視聴者にとって,そういう受け取り方はごく一般的なものでしょう.

それゆえに,あずささんのような組織防衛の観点からの行動を評価するのは,その外部の人間にとってはなかなかできるものではないと思います.もしできる人がいるなら,たぶんその人はコーポレート・エグゼクティブとしての才能がありそうですねw

バニラマリンPの解説は,同記事のコメントでも指摘されているようなヒロイックファンタジー的な読み方へのカウンターとして別の側面を強調するためのものであって,それを「正解」とするものではないと思います.が,やはりそれは,少なくとも私にとっては読解が難しい側面なのであり,そして同時に,この物語が私にとって本当に面白いものである要因の一つなのでもあります.

私はいつも,作品に対する作者の方による自作解説のようなものはさほど積極的に読もうとはしないのですが,本作は例外的に自作解説がとても読みたくなる作品ですね.思い起こせば,そもそも初めてこのシリーズに触れたのは自作解説回ともいえる番外編からなのでありました.なので,この回は本シリーズ未視聴の方の入り口としてもおすすめできるのではないかと思います:


[PR]
by LIBlog | 2014-08-10 10:54

ぷよm@sラジオを聞いたよ

去る1月21日,物語三昧~できればより深く物語を楽しむためにペトロニウスさん今何処(今の話の何処が面白いかというと…)LDさんアセティック・シルバーはしさん,のお三方により,ぷよm@sを語り倒すラジオがUstで行われました.

あ,ぷよm@s本編はこちらです:

【アイドルマスター】ぷよm@s part1【ぷよぷよ】
マイリスト ぷよm@s


ラジオは,私もツイッターでいろいろとリアルタイムでコメントしつつ,たいへん楽しんで聞かせていただきました.

そのときの録画データは公開されていますので,まだ聞かれていないぷよm@sファンの方はぜひお聞きいただくのがよいかと思います.

物語三昧ラジオ~『ぷよm@s』, 参加者(敬称略):はし、ペトロニウス、LD|『ぷよm@s』についての雑談ラジオです。

いやー,どうやったらこんなに冷静と情熱を兼ね備えた語りができるんでしょうねえ. 3時間の長丁場をまったく飽きさせないのがすごいです. アツいキャラクター語りと,詳細な物語構造分析に,ひたすら夢中になってブラウザにかじりついた3時間でした.

またあれだけ熱くぷよm@sを語り倒しておきながら,2時間を過ぎたあたりで,そもそもアイドルマスターってどんなゲーム? と根源的なところに立ち返っていく瞬間なども聞きどころかもしれませんw あれだけ語っておいて! と,のけぞったリスナーも多いはず. しかし予備知識が皆無であっても ぷよm@sという作品はこれほど人を夢中にさせるんだな,ということが改めて確認できますよね.

録音データ,メモを取りながら一日ちょっとずつ聞いていたら,全部聞き終わるまでに24時間くらいかかってしまいました. なのでちょっと遅くなってしまいましたが,以下ラジオの感想をつらつらと書いていきます.

引用しつつ書いていたら異様に長くなったので格納.

More

[PR]
by LIBlog | 2011-01-29 22:30

英語学習用映画

英語学習に向いている映画,かあ.

英語学習に使える映画教えて:アルファルファモザイク

ハル・ベリー(Halle Berry)の出演作なんかはどうだろうか.この人の発音は非常に明瞭で聞き取りやすく,さほど早口でもないし,よく通る声をしているのでお勧め.

アクターズスタジオに出演した回はYouTubeで見られる:

Inside The Actors Studio Halle Berry 1
Inside The Actors Studio Halle Berry 2
Inside The Actors Studio Halle Berry 3
Inside The Actors Studio Halle Berry 4
Inside The Actors Studio Halle Berry 5

このインタビューは,けして平坦ではない道を歩いてきた彼女の強さが感じられて,とてもよかった.

……問題は,私は彼女の出演作をひとつも見たことがないということだ.いままでインタビューとかスピーチとか,そういうものしか見たことがない.
なので,本当に彼女の出演作が英語学習に適しているかどうか全然分からない.
事実,上の動画に挿入されている映画のシーンはほとんどが感極まった演技をしていて,すごく聞きにくい.
というわけで,結局ぜんぜん参考にならない情報しか出せないのであった.

とはいえ,いずれチョコレートくらいは見ておきたいなあ.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-26 23:47