<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

七十一日目 ヱヴァ序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見た.本放送は14年前だったのか….声優さんもかなり声が変わっていた印象があるなあ.CGのすごさは予想以上.特にラミエルとヤシマ作戦はクライマックスだけあって,思わずすげえすげえと声に出してしまった.あとアイキャッチとか次回予告とか,TVかよ!と笑った.
『入門 哲学としての仏教』(竹村 牧男)を読もうとしたが前半だけでギブアップ.仏教思想には普段からちょっと興味があって,いずれ知りたいと思っていた.それが新書一冊で!と期待したんだけど,やっぱ虫が良すぎたか.唯識とか縁起思想とか1ページにも満たない文章で説明しようとしているが理解が追い付かない.ある程度の知識が前提にある人向けなのかな.
[PR]
by LIBlog | 2009-05-30 18:50 | 雑記

七十日目 論文メモ

Curr. Opin. Genet. Dev. 19, 113-121 (2009).ES細胞や初期発生のpluripotencyやdifferentiationとそのエピジェネティックな調節についてのレビュー.知っていることが多かったが,受精卵~卵割期のグローバルなDNA脱メチル化やヒストンメチル化・アセチル化に,父親由来クロマチンと母親由来クロマチンで異なるパターンがあることは知らなかった.いわゆるimprinting genesだけでなく.…つってもその意味とか重要性とかはよく分からないけど.
[PR]
by LIBlog | 2009-05-29 18:34 | さいえんす関連

六十九日目 論文メモ

Nature 459, 523-527 (2009).トランスジェニックサルを作ったという話.日本のグループなこともあって,すでにいくつものニュースに取り上げられている.
使用したのはコモンマーモセット.南米に住む,いわゆる新世界ザルってやつで,多産かつ性成熟にかかる時間と妊娠期間が短いのがモデル動物として有利な点.ただし初期胚が非常に小さく,これがトランスジェニック作製のためのマイクロマニピュレーションを困難にしていたが,著者らは0.25M Sucroseを含む培地中では,レンチウイルスベクターを導入するperivitelline spaceが拡大する(たぶん浸透圧の関係だと思う)ことを利用して,この問題を解決している.
これまでアカゲザルなんかでもTg作成の試みはなされていたけど,胎盤にしかトランスジーンが入っていなかった.それを本報告ではsomatic tissueにもトランスジーンを見出し,さらにgermline transmissionを起こして次代に受け継がせることにも成功している.
霊長類でトランスジェニック動物が作製できるというのは,やはり疾患モデルの確立という点で最も重要だろう.なんといってもげっ歯類ではヒトとだいぶ違うからね.ウイルスに関連するものとか,あと精神疾患.
[PR]
by LIBlog | 2009-05-28 16:59 | さいえんす関連

六十八日目 ヘテロの俺こそ性的マイノリティー

ヘテロの俺こそ性的マイノリティ - Thsc.ヘテロ・ホモ・バイディメンショナルときたか.すげえなあ.
あまり関係ないけど,こんなことを思った.評論とか主張とか意見とかは,利益代表者として読まれる場合と,代弁者として読まれる場合とがあって,両者は重なっているようで実は重なっていないのではなかろうか.
[PR]
by LIBlog | 2009-05-26 20:03 | ねっとさーふぃん

六十七日目 論文メモ

[書評]シリコンバレーから将棋を観る - 羽生善治と現代(梅田望夫) - 極東ブログ.このブログのエントリって私にはよく分からないことが多いのだが,自分が読んだ本の書評は面白い.このエントリもそう.見巧者ってのはいいなあ.

ヒカルの碁 完全版に手を出し始めてしまった.これほんとにおもしろい作品だからなあ.一部だけではあるが,ほったゆみさんのネームが見られるのがいい.原作者って,ヒカルの碁の場合はネームだけど,プロットを作る人とか,コマ割りやカメラワークまで指定する人とか,いろんなレベルの人がいると思う.そういうのがわかるとマンガって別の楽しみ方もできるんだけどなあ.

Nat. Rev. Genet. 10, 348-349 (2009).Science 324, 255-258 (2009) の内容を短く紹介している.Codon biasと遺伝子発現の間には相関があることが分かっている.なぜか?一般に言われている説明は,codon adaptation index (CAI),すなわちコドンごと異なるtRNAの量が,翻訳される効率に影響を与えるのだ,というもの.しかし上記のScience論文は,むしろmRNAのfolding,とくに5' endのsecondary structureが発現レベルの差に対して重要なのだという.すなわちtranslationのextentionではなくinitiationがクリティカルなんだということだね.使った系はE. coli+GFP.

[PR]
by LIBlog | 2009-05-25 12:30 | さいえんす関連

六十六日目-2 本

『アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々』(松本 仁一).近年つぎつぎに独立したにもかかわらず国家運営がうまくいかないアフリカの国々について,ジンバブエの農業,南アフリカの治安維持などを取り上げて報告している.原因の多くは政府要人の腐敗にあるが,なぜ腐敗が起こるのかについても考察している.赤道以南が主.スーダンやソマリアはどうなんだろう?

『日本人の英語』(マーク・ピーターセン)は毎年のように大学教師が新入生にすすめる100冊などのブックガイドで薦められる本で,これはやや古いとはいえ本当に良書.ただし同著者の類書としては,『続・日本人の英語』はちょっとレベルが高い(私ていどのレベルの人には)ので,『心にとどく英語』(の前半)が良いと思う.

[PR]
by LIBlog | 2009-05-23 17:25 | マンガ・本

六十六日目 TED, PDFテキスト化

最近はてなブックマークで知って便利に使っているもの.

TED.comは、最高レベルの英語学習コンテンツでは? - livedoor Blog(ブログ).今までyoutubeのTED talkしか見てなかったので,TED.comでは字幕が出ることを知らなかった.こりゃ便利だ.欲を言えばテキストファイルで字幕が落とせればいいのだが…

大量のPDFをサクっとテキスト化するフリーソフト : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア.ちょうど必要だと思っていた時に人気エントリに入っていたので良かった.

[PR]
by LIBlog | 2009-05-23 11:45 | ねっとさーふぃん

六十五日目 新型インフルエンザ対応について

社団法人日本感染症学会緊急提言「一般医療機関における新型インフルエンザへの対応について」(pdfファイル).「ノイラミニダーゼ阻害薬」はタミフルやリレンザなど.医療機関向けとはいえ,やさしく書かれているので問題なく読めるのがありがたい.

未曾有の経済危機を受けて,…や,まあ,ほとんど関係ないけど,Excelで家計簿をつけ始めた.これ面白いな結構.予算とか目標とかを立てたりグラフを書いたりし始めると本格的になるのだが,まあそこまではいかないかな.飽きずに続けられればそれなりに意味があると思う.

[PR]
by LIBlog | 2009-05-22 12:58 | さいえんす関連

六十四日目 マンガ

魔法先生ネギま! 26巻(赤松 健).購入に伴い全巻読みなおしてみた.日曜夜に始めて今日(木曜)までかかったけど.いや,やっぱ面白いわネギま.
高校球児ザワさん 1巻(三島 衛里子).雑誌で見た時から非常に好きな作品.ここで語られてるのって「物語」じゃないよなあ.むしろシーン.シーンを見せて,その奥に物語を感じさせる作りなのかな.見せるコマの描き方も,写真で撮ったような絵が多い.マンガの絵って一枚の中に時間の流れがあるものが多いんだけど.
ていうか表紙とかネットとかではフェチマンガって位置づけみたいだが…そうかぁ?
flat 2巻(青桐 ナツ)
アオイホノオ 2巻(島本 和彦)
[PR]
by LIBlog | 2009-05-21 12:25 | マンガ・本

六十三日目 論文メモ

Dev. Cell 16, 734-743 (2009).骨と骨とをつなぐ関節 (joint) の正常な発生には,筋収縮が必要だということと,その分子機構について.Embryoは,motor axonとmuscle cellが連結するや否や,もぞもぞと動き始める.ニワトリの有精卵を温めて5日目くらいで卵を開ければ,すでに動きはじめている胚が見られるだろう.このもぞもぞ動くことが関節が正しくできるのに重要であるということは100年以上前から指摘されてきた.しかしその証明とメカニズムの解明はまだだった.本論文は,筋肉はできるけど動かない(paralyzed)変異マウスを使い,関節形成に与える影響を見たもの.本来,骨をつくる軟骨から,関節になる領域のみ軟骨プログラムは失われ,代わりにWnt/b-catenin, Gdf5などを介して関節プログラムが発動するのだが,マヒマウスではWntが動かずに軟骨プログラムがそのままとなり,すべてが軟骨になってしまう.ただしマヒマウスでも全ての関節がおかしくなるわけではないことに注意.
[PR]
by LIBlog | 2009-05-19 16:12 | さいえんす関連