<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「オクターヴ」と「超弩級少女4946」

マンガの話.

オクターヴ 4巻 (秋山 はる)超弩級少女4946 2巻 (東 毅) を買って読んだ.どっちもすごく面白かった.

「オクターヴ」は読んでいると自分の自意識の痛いところをえぐられるような感覚がある.けど好き.
「超弩級少女4946」は無駄なエピソードが一つもなく,まっすぐに結論に向かっていくスピード感がいい.どんどん面白くなってきてる.

  

両者の既刊を読み直してみたんだけど,どちらの作品も,こと恋愛に関してはハッキリと成長を志向してて いいなーと思う.「オクターヴ」は日常モノで百合作品だし,「超弩級~」は特撮的なバトルもので男女の話なので全然ちがうカテゴリーの作品ではあるんだけど,個人的には恋愛の成長という点では共通しているかな,という印象を持っている.

どっちの作品も,主人公たちは負の側面をかかえながら出会う.「オクターヴ」では孤独感と劣等感,「超弩級~」では身長に関するコンプレックス(主人公は低すぎ,ヒロインは高すぎ).

で,そんな中でお互いが出会って惹かれあうんだけど,その負の側面同士が関係の障害になっていく.
また,「オクターヴ」では性的マイノリティであること,「超弩級~」では人間と人間を食う妖怪,つまり天敵同士であること,ということもだんだんと障害になっていく.
さらに,最初に負の側面を抱えていたもんだから,その恋愛感情は本物なの?傷をなめあってるだけじゃないの?という問いを抱え込んだり突きつけられたりすることになる.

で,たぶんどちらも最終的には それを乗り越えていく物語になるんだと思う.
といっても,乗り越えられないかもしれないんだが.

……ま,でも,繰り返しになるけど,個人的に面白いと思っている点が共通しているってだけで,テイストは全然違う作品なんだけどね.
「オクターヴ」は自意識の空回りからどうやって脱するかがもうひとつ大きなテーマだと思うし,「超弩級~」は主人公とヒロインの強い信念,悪く言えば思い込み,をどうやってすり合わせていくかということがもう一つのテーマなんじゃないかな.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-28 21:18 | マンガ・本

英語学習用映画

英語学習に向いている映画,かあ.

英語学習に使える映画教えて:アルファルファモザイク

ハル・ベリー(Halle Berry)の出演作なんかはどうだろうか.この人の発音は非常に明瞭で聞き取りやすく,さほど早口でもないし,よく通る声をしているのでお勧め.

アクターズスタジオに出演した回はYouTubeで見られる:

Inside The Actors Studio Halle Berry 1
Inside The Actors Studio Halle Berry 2
Inside The Actors Studio Halle Berry 3
Inside The Actors Studio Halle Berry 4
Inside The Actors Studio Halle Berry 5

このインタビューは,けして平坦ではない道を歩いてきた彼女の強さが感じられて,とてもよかった.

……問題は,私は彼女の出演作をひとつも見たことがないということだ.いままでインタビューとかスピーチとか,そういうものしか見たことがない.
なので,本当に彼女の出演作が英語学習に適しているかどうか全然分からない.
事実,上の動画に挿入されている映画のシーンはほとんどが感極まった演技をしていて,すごく聞きにくい.
というわけで,結局ぜんぜん参考にならない情報しか出せないのであった.

とはいえ,いずれチョコレートくらいは見ておきたいなあ.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-26 23:47

1年経った

Exciteにブログを開設してから,今日で1年たった.

過去記事を見てて思い出した.わざわざ記事のタイトルに日数を入れていた理由って,最初の数日はタイトルを思いつかなくて日数だけ入れて,それがなんとなく続いたからだったんだな.忘れていた.
最近はあまりタイトルが思いつかないなんてこともないし,日数を入れるのは止めることにする.
ま,とりあえず365日のうち266日は何か書いたってことが分かったのが成果か.意味ないけど.

書いてきたことを1年分ざっと眺めていて思うに,最近インプット量とアウトプット量のバランスが悪いような気がする.たいして情報をインプットしていないのに,やたらとアウトプットしたがっている.

原因ははっきりしていて,最近,リンクを張ってもらったり,コメントをもらったりといったレスポンスがあることが嬉しいからだ.趣味に関する記事でも仕事の周辺に関する記事でも,たまに反応があって,かまってもらえるとニヤニヤしてしまう.
レスポンスくださる方,本当にありがとうございます.

ネットに文章を垂れ流すってのはずいぶん昔からやっていて,ホームページをつくって何か書いたり,掲示板に書いたり,もう退会したけど mixi で書いたり,ブログをやってみたり,なんかいろいろしてたなあ.
書いている内容そのものは昔も今もあまり変わってない.趣味の話を書いたり,仕事(学生の時は専攻)から派生する話を書いたり.でも,リアルで知り合いじゃない人からレスポンスをもらうってことは今までなかった.
どうして最近レスポンスをもらえるようになったのかよくわからないが,それが嬉しくて,そうすると とにかく何か書きたくなる.

でも,あまりアウトプット側に関心がいきすぎると,無理やり文章をひねり出すようなかっこうになることがあるし,心がずっとネットのほうにあるような状態になることもあって,これはちょっとよくないとたまに思う.

そんなわけで,今後はアウトプットにかまける前に,きちんとインプットをしよう.趣味でも仕事から派生することでも.
べつにこれから何かを一生懸命頑張ろう!と思っているわけではないけど,バランスをとるってことは大事にしなきゃなあ,と思う.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-25 20:41 | 雑記

新生児のDNA情報が政府や軍に流されていた!?

New Scientistのヘッドラインに流れていたニュース.テキサス・トリビューンという新聞社によると,テキサス州で新生児の血液サンプルが秘密裏に集められ,それをもとに連邦政府がDNA情報データベースをつくっていたとのこと (アメリカでは,先天性疾患などを見つけるために新生児は必ず血液検査を受けることになっている).

Newborns' blood used to build secret DNA database - Short Sharp Science - New Scientist

以前から問題になっていたこととして,テキサス州保健省(the Texas Department of State Health Services, DSHS)は,少なくとも2002年から年間約80万人ぶんの血液サンプルを大学病院から集めていたことが明らかにされている.このサンプルの用途は研究目的に限られていたのだが,両親の承諾を得ていなかったことが問題になり,裁判沙汰になった.

さらに今回,同紙の伝えたところによると,2003年から2007年の間に800人分の血液サンプルがアメリカ軍DNA鑑定研究所(Armed Forces DNA Identification Laboratory, AFDIL)に流され,ミトコンドリアDNAデータベースを構築するために使われたという.もちろん承諾なしで.

このDNAデータベースは当然ながら今回発覚した800人だけから構築されているわけではなさそうで,おそらくサンプルは国際的に集められていると考えられている.

血液サンプルは匿名状態にされており,さらにミトコンドリアDNAから個人を特定することは今のところ難しいため,プライバシーはいちおう守られている状態ではある.しかしながら,すべてが秘匿されていたということで,この事件はおおいに人々の不信を買っているし,また当然ながら今でも明かされていないデータベースは存在する可能性が高いわけで,こりゃ問題だよね,という話.

以下,雑感.
こういったたぐいのデータベースを持つ者は,今はそれほどでもないけれど,やがては圧倒的な情報強者になってしまうと思う.将来的には,おそらくバイオケミカルな方法で知りうる情報だけで,その人のほぼあらゆるポテンシャルが分かってしまうようになると私は思う(ここでも書いたように).そして情報元であるサンプルはかんたんに入手できる.なにしろ毛髪一本だっていいのだから.これはどうにかして対策をとらなきゃいけないだろう.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-25 19:32 | さいえんす関連

266日目-2 おしるP復帰

おしるPが帰ってきた!

「とりとめ(ry」の楽屋裏。 再開。

おしるP作品は,ご自身によるマイリストから辿れます.

おしるPファンの私にとって,休止期間・休止宣言はさびしいものだった.
それだけに,すぐ復帰されたことはとてもうれしい.

復帰第一作は,とてもていねいな心理描写とさわやかな展開が魅力的な快作だった.

【Novelsm@ster】幸せの隣に‐ニコニコ動画(9)

【Novelsm@ster】幸せの隣に

それにしても,繰り返しになるけれど,緊迫感のある空気に惹きこまれるNightmare E@terシリーズや,カオスでギャグで熱血な作品・黒豆伝説の続きを楽しみにしている身としては,まずは おしるPが復帰されたことを喜びたい.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-23 23:23 | 動画サイト関連

266日目 にゅーす

おもしろいニュースがあった.蚊対策に,遺伝子組み換えにより飛べない蚊をつくって広めようというもの.

No wing, no prayer for female mosquitoes - Science- msnbc.com

蚊は人を不快にさせるだけでなく,さまざまなおそろしい伝染病を媒介する.たとえば日本脳炎黄熱病,そしてなんといってもマラリア.マラリアは熱帯地域ではおそるべき数の死者を出しており,予防策としてマラリア原虫による感染を媒介するハマダラカからの防護は急務である.
こうした感染症に対しては,いまのところは蚊帳や殺虫剤の配給などの対策がとられており,また不妊のオス蚊を大量にばらまき,蚊の個体数そのものを減らしてしまおうとするプロジェクトもある.

さて上記ニュースで紹介されているオックスフォード大学のグループは,とある遺伝子操作をほどこしたオスの蚊をつくりだした.このオス蚊で操作された遺伝子は,メスに受け継がれたときに羽をつくる働きを邪魔する.オスに受け継がれた時にはなにもしない.
するとどうなるか.もともと人を刺すのはメスの蚊だけである.したがって,この遺伝子を受け継いだメスは飛べなくなって人を刺せなくなり,しかしオスは飛び回ってこの遺伝子をさらに次代に受け渡していくことになる.

……うまい仕組みだなー.

殺虫剤は環境にやさしくないし,蚊帳は昼に活動する蚊に対して無力だし,不妊のオス作戦はものすごく大量のオスを準備しなきゃいけないので大変だ.しかしこの方法なら環境にやさしく,あまり手間もかからなさそうだぞ.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-23 19:06 | さいえんす関連

265日目 アイマスクエストの「融合」について

昨日に続いて,アイマスクエストについて考える.

──────────────────────────────
アイマスクエストって何?という方には,昨日の記事の最初のほうに挙げた紹介記事がおすすめです.
アイマスクエストをご覧になるまで,昨日の記事の追記部分は読まないでくださいね!
──────────────────────────────

アイマスクエストでは, 「人格の融合」という設定を採用している.
この設定は,こちらの紹介記事でも触れられているように,アイマスクエストという物語の根幹にかかわるものだ.この物語の深さ,強さ,複雑さを支えている根っこの一つが「融合」である.
以下,それについてつらつらと書きたい.

……そうは言っても,まだ私はアイマスクエストを一回通して見ただけなのだが.
そんな段階でアレコレ考えたものなので,この文章は的外れなものである可能性も高いと思う.
けど,もやもや考えていることを一回まとめてみて,もういちど見直す時のために整理したいという思いもあるので,まあ的外れであってもご勘弁願います.

格納先の文章は,重大なネタバレを含みます!
アイマスクエストを最新話までご覧になっていない方は,絶対に読まないようにお願いします!

More

[PR]
by LIBlog | 2010-02-23 01:45 | 動画サイト関連

264日目 アイマスクエストの「力強さ」

アイマスクエスト,第七章まで観終わった.
ちょうど同じときに総集編のupがあったのは嬉しかった.つづけて二度も感動にひたることができたし.

【閣下列伝】アイマスクエストⅣ <総集編>(未完)

【閣下列伝】アイマスクエストⅣ <総集編>(未完)

――――――――――――――――――――――――
アイマスクエストって何? という方は,こちらの紹介記事がおすすめです.
ニコニコは一般人を芸人にする - 敷居の先住民
アイマスクエストをまだ知らない人のためにその魅力を全力で書き綴ってみた - 未来私考

本編はこちら.
マイリスト アイマスクエストⅣ 閣下列伝シリーズ‐ニコニコ動画(9)

ニコニコ動画の視聴には登録が必要です(こちらから.無料です).

――――――――――――――――――――――――

以下,全体を通して思ったこと.ネタバレのため格納します.

More

[PR]
by LIBlog | 2010-02-21 22:44 | 動画サイト関連

263日目 ぷよm@s part17

ぷよm@s,part17が来た!

【動画時間】ぷよm@s part17【短縮計画】

【動画時間】ぷよm@s part17【短縮計画】

中だるみなどとおっしゃっているけど,ご謙遜を.

――――――――――――――――――――――――
ぷよm@sってなに?という方には,こちらの紹介記事がおすすめです.どれか一つでもご覧になってみてください.
ぷよm@sとは (プヨマスとは) - ニコニコ大百科
ドラマ風ゲームプレイ動画「ぷよm@s」が熱い! - 未来私考
「ぶら樽、好きなim@s架空戦記作品について語る」の巻 その1 ぷよm@s - 【FF11】ぶらり樽赤ソロの旅【マビノギ】
君のハートにクー・デ・グラ!  『架空戦記』03 「ぷよm@s」

僭越ながら,拙記事もよろしければ.
検索エンジンからおいでの方に「ぷよm@s」を紹介してみる

本編はこちらから.
マイリスト ぷよm@s‐ニコニコ動画(9)
ニコニコ動画の視聴には登録が必要です(こちらから.無料です).

――――――――――――――――――――――――

以下,part17の感想.ネタバレのため格納.

More

[PR]
by LIBlog | 2010-02-20 20:38 | 動画サイト関連

262日目 ねっとさーふぃん

この記事は面白かった:

サイエンスあれこれ : 赤の女王仮説

Nature 463, 349-352 (2010) の紹介記事.

なるほどなー.ある環境下での“中立”変異ってのは,もしかしたら環境が変化したときの適応放散の際に非中立変異になりうるのかもなー,とか思った.

このブログの方はがんばっていらっしゃるなあ,といつも思う.なんかどこかのアウトリーチ的活動とか科学館的なところとコラボして仕事されたりしないのかなあ.森山さんみたいに,ほかの研究者にインタビューなんかしてみてはどうだろう?とか,外野の気楽さで好き勝手言ってみたりして.

[PR]
by LIBlog | 2010-02-19 18:59 | さいえんす関連