<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

論文メモ

3/25 発行の Nature に,心臓の再生医療がらみの面白い論文が複数載っていたのでメモ.

Nature 464, 549-553 (2010)

あーてぃくる.冠動脈は心流入路の静脈洞内皮からできるのだ,という話.

心臓は全身の血管に血液をめぐらせる働きをしているのだけれど,その活動は非常に激しく,自分自身に酸素と栄養を供給するための専用の血管が必要だ.それが冠血管 (冠状血管,coronary vessels) で,冠動脈 (冠状動脈,coronary arteries) と冠静脈 (冠状静脈,coronary veins) などからなる.冠血管が詰まったりすると心筋が死んでしまい,狭心症や心筋梗塞を発症するおそれが生じる.というわけで冠血管はめちゃくちゃ重要な血管系だ.

さて,ある器官の正常発生機序を理解することは,その器官における疾患の発症機構の解明や,再生医療などの新たな治療戦略を樹立するために必須である.しかし,じつは冠血管の血管内皮 (vascular endothelial cells, 以下 EC と略す) や血管平滑筋 (vascular smooth muscle cells) の発生学的な由来ってのが今までハッキリとは分かっていなかった.ちなみに歴史的には,大動脈由来説とか心外膜原基由来説なんかが提示されていたけれど,いずれも疑問があった.

本論文では,マウスを使った遺伝的な細胞標識により,冠血管がどこに由来するか追跡し,それが意外にも静脈洞の EC から生じるものであることを突きとめた.しかも冠血管系になる静脈洞の EC は いったん脱分化していることも見出しており,これは静脈の EC が動脈にもなりうることを示す重要な知見だ.

Cre-ER と Brainbow (参考:Nature 450, 56-62 (2007))を使ったクローナルな細胞系譜追跡がすばらしい.専門外の方も,一度 Brainbow で画像検索をかけてみてはどうだろう.その美しさにため息がでる……かもしれない.

ところで論文の方だが,冠動脈内皮はこれでいいんだけど,血管平滑筋はどこから来てるのかなあ?言及がなさそうなんだけど.

以下二本はゼブラフィッシュの心筋再生機構を調べたもの.

Nature 464, 601-605 (2010)

ヒトではいったん死んでしまった心筋は再生しないが,ゼブラフィッシュでは心室の一部を切り取ったり損傷を加えたりしても再生することが知られている.その仕組みが分かればヒトでも心筋を再生させられる手掛かりになるのではなかろうか.

さて,gata4は心臓発生に重要な遺伝子で,できあがってしまった心臓では発現していない.本論文では,損傷を加えたあとの再生中の心筋でgata4が再び発現してくることを示した.したがって,おそらくこの遺伝子が心筋の再生に重要だろう.そのgata4の再発現は,心外膜付近の細胞により誘導されること,そしてFGFの下流にありそうだということ,を示している.

Nature 464, 606-609 (2010)

ゼブラフィッシュの心筋再生は,幹細胞システムに由来するのだろうか.本論文では,損傷後再生した心筋は すでに分化していた心筋に由来することを示している.再生時には,心筋に特徴的なサルコメアやZ線などの形態的特徴が消失し,細胞間接着もゆるくなり,そして細胞周期に再び入ることがわかった.つまり再生は幹細胞を利用しているのではなく,心筋の脱分化により起こっていることになる.さらに,この過程で polo-like kinase, plk という細胞周期の進行に必要な遺伝子の発現が上昇すること,そして plk 活性の阻害により心筋が再生しなくなることを見出している.

ヒトで心筋を再生させようとする試みは,幹細胞から心筋を分化させる系がメインストリームと言っていいと思う.しかしゼブラフィッシュで示されたように,分化した心筋を再び細胞周期に入れることができるのならば,心筋再生への新たな道が拓かれる可能性もあるわけだね.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-30 19:44 | さいえんす関連 | Comments(0)

「ささめきこと」

ささめきこと 6巻 (いけだ たかし)

作品中で描かれる恋愛が ほぼすべて百合 (「男の娘」も百合だとすれば,の話だが) という百合マンガ「ささめきこと」6巻を読んだ.
今巻では,いくつかの百合関係の中でも本線というべき風間・すみちゃんが,大きな山場を越えて,急速に接近しつつある,という展開が描かれている.とは言っても,まだこの二人がうまくいくのかどうかは分からないけどね.しかしそれでも,すれちがいや我慢がず~~~~っと続いてきただけに,ようやく結ばれそうな二人を見ていると,いやーよかったよかった,と思わされる.

……しかし,この二人の間の大きな壁を越えるきっかけになっているのが,友人から「あんたら実は両想いだろ」みたいな発言だった,というのはどうなんだろうなあ.
その一言でいいんだったら,ここまで関係がこじれるまえに言っときゃよかったんじゃないの? と思ってしまう.
いや,次巻を読んでみないと分からないんだけど,もしこのまま本線の二人がうまくいったとしても,それは自力でつかんだ,たぐり寄せた結果じゃないんだよね.
まあ,この友人からの一言を「引き出せる」くらいには自力で前に進んでいるんだけど.

……自力で前に進んでいるのは,たとえば巻末の読みきり「神様とダンス」とか,同時発売の 「プラトニック・ホーム」 中の表題作「プラトニック・ホーム」あたりはそういう作品になっているから,作者が描きたくないってわけじゃあないと思うんだけどなあ.

いや,ま,でも次を見てみないと分からない.個人的には今のところ,そう思うってだけだ.

余談だが「プラトニック・ホーム」は,あー作者の人はこういうふうに人間を見ているんだなー,と思って面白かった.ふだんは意識しない,表に出そうとしない陰の部分をじんわりと感じとる人なんだなー.
あまり目立たないけど「ささめきこと」にもそこらへんは出てるように思う (「プラトニック・ホーム」の表紙絵は「ささめきこと」の一巻冒頭のカラーだよねこれ) .

[PR]
by LIBlog | 2010-03-28 22:30 | マンガ・本 | Comments(0)

英語初級者向け TED talks

最近,ひまさえあれば TED Conference (参照:TED (カンファレンス) - Wikipedia) を見ている.英語を学ぶのにとてもよく,しかもどれもこれも非常におもしろいのでおすすめだ.

TED | Translations | Talks in Japanese

YouTube - TEDtalksDirector さんのチャンネル

しかし,いざ見ようと思っても,日本語字幕つきのプレゼンテーション動画だけで200本以上あるので,どれから見ていいのか迷うかもしれない.もしそうなら,こちらのブログ記事 (bbbc の日記 - goo英語学習 さま) をご覧になるといいと思う.TEDの日本語字幕つきの動画について,英語の特徴や内容についてのコメントを付けて紹介してくださっている:

TED Talks の日本語訳付ー2009年訳全編(187本) by bbbc - 日記 - goo英語学習

TED Talks 2010年日本語訳付のアップロード状況とお薦め by bbbc - 日記 - goo英語学習

私も上記エントリ経由で良いトークをいくつも見つけることができた.

また,TEDそのものの紹介や動画の視聴方法などを説明したエントリも書いていらっしゃるので,一読されるといいのではないだろうか:

TED Talks の視聴法 (初中級以上向き) by bbbc - 日記 - Smart.fm

さて,そうはいっても上記の記事でおすすめされている動画も,かなりの数にのぼる.どれから見るべきか まだ迷う方もいるかもしれない.
そこで,私からも すこしばかり初学者向けの動画を紹介をしたい.

以下では,トークの内容は問わず,
● 発音が明瞭で,
● ゆっくり話しており,
● 癖のない米国英語である

話者の講演を選んでみた.
いずれも20分弱の動画である.

──────────────────────────────

ひとつめ.

ローレンス・レッシグ:法が創造性を圧迫する (Larry Lessig on laws that choke creativity | Video on TED.com)

クリエイティブ・コモンズで有名な法学者ローレンス・レッシグ (ラリー・レッシグ,参照:ローレンス・レッシグ - Wikipedia) の講演.発音は非常に明瞭で,しかもゆっくりであるため聞きやすい.というかプレゼンテーションとしての完成度が異様に高いため,英語うんぬんは別にしても参考になる.

e0175273_23114828.jpg

語られている内容は,著作権問題.
……個人的な話になるが,私はニコニコ動画が好きなので,ここで語られている User generated contents, UGC についての話はとても興味がある.
彼は,既存の映像や音源をリミックスして “MAD” を作り出すことは “re-creation”,再創造であるとし,これを海賊行為などとして非難,規制することへの危惧を訴えている.
この人はコモンズ以外にも,以前から日本の同人誌文化への言及などもしており,私にとってはとても心強い論客だ.

──────────────────────────────

ふたつめ.

ブライアン・グリーンが語るひも理論 (Brian Greene on string theory | Video on TED.com)

天才と名高い物理学者による,超ひも理論・大統一理論のわかりやすい解説.発音はきわめて明瞭で,ところどころ早口になる場面はあるけれど基本的にゆっくり話すのでわかりやすい.

プレゼンテーションもみごとなものだ.専門的な内容を専門外の人々に説明するときはどのようにするべきか,という問いに対する理想的な答えのひとつが この講演だろう.ムズカシイ数式や専門用語を使わず,「わかった気にさせる」のがめちゃくちゃ上手い.

e0175273_23124524.jpg

……個人的な話になるが,私はニコニコ動画が好きなので (またかよ),ニコニコ動画にアップされているこちらをご覧になってみることをお勧めしてみる:

超ひも理論講演 byブライアン・グリーン (英語)1/2 超ひも理論講演 byブライアン・グリーン (英語)2/2

内容はTEDのHPで見られるものとまったく同じ.たぶん無断転載なんだよね…….でも,コメントが流れる動画を見るという面白さを一度試してみてほしい (ニコニコ動画の視聴には無料の登録が必要です.こちらより).日本語字幕も誰かがコメントで付けてくれているので問題なし.

e0175273_23153643.jpg


──────────────────────────────

みっつめ.

キャサリン・モーア:外科の過去、現在とロボットのある未来 (Catherine Mohr: Surgery's past, present and robotic future | Video on TED.com)

外科医かつ発明家という演者による,外科手術の歴史と未来についての講演.とても聞きやすい英語だ.

話は石器時代の外科手術から始まり,麻酔法などいくつかの革命的手法の開発史に軽くふれ,そしてロボットやマーカーなどを利用した新しい手術法についての紹介.いずれも いつお世話になってもおかしくない技術であり (安価に実現できるようになってほしいものだ!),身近に感じざるを得ないため,とても興味をひかれる話になっている.

e0175273_2316515.jpg  e0175273_2317846.jpg


──────────────────────────────

ついでに,個人的に上級者向けと思われるものも一つ.

ランニングに関するエイミー・マリンズの話 (Aimee Mullins on running | Video on TED.com)

義足のランナーへのインタビュー.
明瞭だが非常に早口で,会話調であるため,字幕なしで理解するのは かなりむずかしいと思う.私は日本語字幕がつく前に この動画を見たことがあるんだけど,なんというか雰囲気でしか理解できなかった.

e0175273_23175483.jpg

そんなわけで,上級者の方はトライしてみてはどうだろう.喋っている内容はなかなかよくて,勇気づけられるものだから.

2010年7月20日追記: 英語初級者向け TED talks その2 を書きました.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-26 23:52 | 動画サイト関連 | Comments(0)

オンラインでチラシを見る

激しくいまさらなことかもしれないが,オンラインでチラシを見るのが便利になっていることを知った.
数年前に同じようなことを試してみたときは,いやーあんまり網羅していないなーと思って あきらめたんだけど,いまや非常に充実している.
たとえばこんなサイトが便利:

広告チラシ・クーポンを検索!広告チラシ(ちらし)のタウンマーケット

チラシが検索できる!あのお店の店舗情報も掲載中!|シュフー Shufoo! くらしとちらし

願わくば,アマゾンとか楽天とか,あるいは価格.comみたいに,各種店舗を品物別に一覧にして値段で比較できるようにしてくれると非常に助かるのだが,さすがにそれはムリだろうなー.そんなことやってるとさらに小さな店は追い込まれるだろうし.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-23 22:33 | 雑記 | Comments(0)

TEDで宇宙に思いを馳せる

TED Conference (参照:TED (カンファレンス) - Wikipedia) の宇宙論についてのトークが面白くて,最近ハマッていた.
宇宙論はあまり詳しくないし,とくに強い興味を持っているわけでもないんだけど,TEDではプレゼンターが非常に実力があって内容も面白いので,つい夢中になってしまう.

基本的に,宇宙を知ろうと思ったら「見えないものを見る」ことが大きな課題になるらしい,ということが,講演を見ていくうちにわかってきた.
小さすぎて,遠すぎて,見えないもの.その存在をどうやって浮かび上がらせるか?
その努力と創意工夫のあとが面白い.

以下,いずれも20分弱の講演をいくつか紹介したい.

トークは英語だけど日本語字幕が出るし,英語字幕も選べるので英語の勉強にもなるんじゃないかな.

パトリシア・バーチャット: 暗黒物体ダークマターの解明(Patricia Burchat sheds light on dark matter | Video on TED.com)

宇宙に存在する物質のほとんどは,われわれや地球や恒星などを構成するようなふつうの物質ではなく,光も発さず電磁波を放出も吸収もしない “ダークマター” (おそらくバラバラの素粒子) や,正体不明の “ダークエネルギー” であるという.

しかし見えないはずのダークマターだのダークエナジーだのの存在はどうして明らかになったのだろうか? その存在量をどうやって推測するのか? ……というのがこの講演の見所.

しかし全身真っ黒の服でダークマターについて語るというのは,何か狙っているのだろうか(笑)

e0175273_22145134.jpg



アンドレア・ゲッズ:超大質量ブラックホールを探す(Andrea Ghez: The hunt for a supermassive black hole | Video on TED.com)

あらゆる銀河の中心には超巨大ブラックホールが存在するという.しかしブラックホールは光さえ脱出できない天体だ.その存在をどうやって証明したらいいのか.
演者によると,周囲の天体の動向を探ることにより,証明は可能だという.

とても楽しそうに語る演者のようすも印象的.科学好きの子供とマッドサイエンティストの中間くらいに位置するような絶妙のキャラクターだ.

e0175273_22152173.jpg



キャロリン・ポーコと土星を訪問(Carolyn Porco flies us to Saturn | Video on TED.com)

土星の衛星であるタイタン,エンケラドスは,地質や気象などの性質が地球に似ているところもある,らしい.惑星探査機カッシーニによってもたらされた映像の紹介と,さらに地球外生命体の可能性についても語っている.
また,この講演から二年後に新しく出されたデータについて語った講演もある(こちら).

この演者も,語っている内容もさることながら,その発表のようすから,「発見」がいかにエキサイティングなことであるかも伝えており印象的だった.

e0175273_2217490.jpg



また日本語字幕がなくてもよければ,これらの講演もおもしろい:

Freeman Dyson says: let's look for life in the outer solar system | Video on TED.com

地球外生命体について.地球外生命体を探索する方法や,いるとしたらどういうものなのか考える.
最初,なんかバイオテクノロジーとか宇宙とは関係なさそうなことを話していて,なんだこのじーちゃんは? と思ってしまったが,最後はみごとにつながった話になった.さすが.

Penelope Boston says there might be life on Mars | Video on TED.com

火星の生命体探索について.地球の極限環境生物を連想させ,期待を煽っている.おもしろい.

そのほかにも,スティーブン・ホーキング博士の講演(こちら)や,分光学者によるスペクトル分析についての講演(こちら)も興味を惹く.

いずれのトークも,とにかく図の美しさが際立っていて,やっぱ宇宙って美しいよなあ……,と,ため息がでる.
たとえばこんな感じ.

e0175273_22261435.jpg
e0175273_22263494.jpg
e0175273_22265154.jpg

こんなの一例に過ぎず,もう至るところ美しいスライドばっかりだ.
内容がわからなくても (いや,どれもこれも,きわめて分かりやすくしゃべってくれているが),図を眺めているだけで楽しい.
というか単純に楽しいだけでなく,銀河や銀河団を越えるくらいの遥かかなたを想像したり,百何十億年も前のことや未来のことを想像していると,ものすごく不思議な気分になってくる.

明日の仕事のことや趣味のことを考えるのもいいけど,たまにはこういう空想の旅をすこしばかり楽しんでみるってのはどうだろうか.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-22 22:56 | 動画サイト関連 | Comments(0)

「ご主人様は山猫姫」4巻

ご主人様は山猫姫 4 辺境若輩英雄編 (鷹見 一幸),読了.とても面白かった.


こちらは前巻までの感想記事.

この作品は,中世の中国とモンゴルをモデルにした世界を舞台にしたライトノベル (そういえば同時に買った「マギ」3巻も同じような舞台だったのがシンクロニシティっぽくてびっくり).遊牧民の一支族の姫,“山猫姫”と,敵対している帝国の青年が出会い,そして彼らが手を組んで,彼らを滅ぼそうとする帝国に対し反逆する兵を挙げ……というストーリー.

メインストーリー以外の描写もおもしろくて,たとえば一巻では,内陸であるために入手しにくいけれど生活に必須である「塩」の通商がキーポイントになってくる.他にも,遊牧民の食生活や宗教,慣習,そして武器 (4巻のキーポイントは「弓」) などなどが描かれている.また旅芸人や商人たちの生活や文化なんかもストーリーに絡んでくる.こうした細かな描写へのこだわりはなかなかいい.作品世界に厚みを感じさせている.……表紙からは想像しがたいけれど(笑).

今巻からはいよいよ本格的に帝国側との戦闘が描かれ始める.

主人公側である反乱軍は圧倒的に戦力に劣る.ならば戦略は?戦術は?兵站は?
結局は篭城とゲリラ戦,ということになるわけだが当然そんなことは相手にも読まれるわけで,さらにその裏をかくには…….
ほぼ全編に渡ってそういう裏側が描かれ,ハデな戦闘描写は後半すこしだけ描かれるにとどまっている.

個人的には,むしろその裏側が面白いわけだけど,でも実際,ライトノベルとしての人気はどうなんだろう.前巻,前々巻のように萌えキャラ全開! でもないし,活劇! というわけでもないからなあ.
ま,でも,ここまできたら続巻が出ないってことはないだろう.次も期待できそうだ.

…….

ただ,前回の記事でも書いたけど,本当は山猫姫が縦横無尽に活躍する話が見たかった.活躍というのは,英雄は主人公ではなく山猫姫である,という展開のことね.1巻の山猫姫は,それだけのデカさを感じさせ,夢を見させる存在だった,と私には思えてしまう.
しかし4巻のあとがきをみるに,そういう展開はおそらくないだろう.それが私にとっては残念だ.
ま,いまの山猫姫もじゅうぶんに魅力的ではあるけどね.

かくなる上は,あれだ,主人公は山猫姫をも上回る超でっかい人物にならなきゃダメだな.うん.
そういう意味でも,続編には期待したい.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-21 22:58 | マンガ・本 | Comments(0)

論文メモ

Dev. Cell 18, 437-448 (2010)
哺乳類の脈管系は,動脈,静脈,毛細血管,そしてリンパ管からなる.リンパ管は普段あまり意識されることがないけれど,組織液だとか栄養だとかを血管に送ったり,リンパ球を運んだり,恒常性の維持や免疫機能なんかに重要な役割を持っている.
さてリンパ管の発生はというと,静脈の内皮細胞が周囲の VEGF を含むケモカインシグナルを受け取って脱上皮化し,静脈を抜け出しリンパ管内皮前駆細胞になる.続いてさらに別のケモカインシグナルにより内皮細胞の増殖やリンパ管の分枝パターンが制御され,出生後も再構築(リモデリング)されている.
本論文は,意外なことに血球もリンパ管の発生に重要であることを見出したもの.以前から,細胞質に存在するチロシンキナーゼである Syk のノックアウトマウスはリンパ管がうまくできずに出生前に死ぬことが分かっていた.本論文では,Syk が内皮細胞ではなく血球系の細胞で発現していること,そして VEGF を含むケモカインが血球からも分泌されており,その発現調節に Syk が重要だということ,を示している.
表紙にもなっているように,vivoでもfilopodiaらしきものが見えたり,イメージングがすばらしい.

Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 107, 5082-5087 (2010)
アルコール依存症に関連する遺伝子のゲノムワイド関連解析(Genome wide association study, GWAS).GABA 受容体の alpha 2 subunit が候補として見つかったと.で,そもそもこの遺伝子産物はアルコール摂取時の行動なんかに影響していることがわかってる.ま,どういう多型なのか,まだよくわからんのだが.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-18 18:17 | さいえんす関連 | Comments(0)

鳥類の性決定は細胞自律的なのだという話

この話はなかなか衝撃的だった.
らばQ:両性具有のニワトリを調査した結果、性別決定の従来説が覆される

元論文はこれ:
Nature 464, 237-242 (2010)

紹介記事もある:
Nature 464, 171-172 (2010)

元論文の左が♂,右が♀のニワトリの写真は びっくらこいた.論文はフリーでは読めないので写真の転載はできないけど.

性決定は遺伝的に決まったり,ときには温度によって決まったりするけれど,実際にオスの特徴やメスの特徴をいろいろな組織・器官に持たせる仕組みには,
●細胞自律的に決まる
●性ホルモンにより決まる
という二つがある.

細胞自律的な性決定というと昆虫が思い出される.あしゅら男爵的な雌雄モザイク個体が高値で取引されるらしいからね.
こういうやつ↓
e0175273_15401497.jpg

つまり細胞ごとに雌雄が決まるので,左右で性別がちがったり,臓器ごとにちがったり…といった個体が誕生しうるわけだ.

いっぽうで哺乳類のように性ホルモンで雌雄の特徴が決まるような生き物は,いわゆる雌雄モザイクにはならない.
たとえばマウスなんかで,メスの細胞をオスの胎児に埋め込んでしまうと,オスの性ホルモンをメスの細胞が受け取り,あたかもオスの細胞であるかのようにふるまうことができる.

……さて,そうなると他の脊椎動物ではどうなんだろうか?単に雌雄キメラ個体をつくるだけでわかることなのだから,いろんな動物で検証してみてほしいなあ.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-17 15:43 | さいえんす関連 | Comments(0)

「おひとり様物語」が好きだ

谷川史子さんの「おひとり様物語」2巻が出た.
私は谷川史子さんファンで,中でもとくにこの作品が好きでたまらない.

  

「おひとり様物語」は,その名のとおり,特定のパートナーを持たない女性たちの物語がオムニバス形式で綴られている作品.中には遠距離恋愛のようにパートナーはいるけどすぐには手が届かない,という話もあるけどね.

…….

私は青年誌 (コーラスなんかも青年誌と呼んでいいんだよね?) に移ってから,谷川さんの作品をさらに好きになった.とくに働く女性の話がすごくいい.

谷川さんの作品の何が好きかっていうと,まず描線が柔らかくて優しいことだ.たとえせつない話であってもほっこりしてしまうのである.もうなんというか,絵を見ているだけで幸せになれる.

けれど別に絵だけがいいわけじゃない.谷川さんの作品は,「自分のことを分かってもらおうとする」だけじゃなくて,「相手のことを一生懸命わかろうとする」ことが多いように思うんだよね.りぼん時代の作品にもよく見られたけど,青年誌に移ってから顕著にそれを感じるようになった.
だから登場人物たちが自分本位じゃなくて,相手のことを大事にしようとしているってことが分かるわけだ.
絵もやさしいけど,ストーリーもやさしいなあ,としみじみ思う.

で,「おひとり様物語」はというと,これ,相手にやさしくしようとするのもいいけど,自分にもやさしくしようね,と言っている作品のように思う.
「おひとり様」であるがゆえに,つまり相手がこの場にいないので,登場人物が自分の心を見つめなおす話が多いんだよね.

いま,自分がさびしいと思っていることに気づく.

かつて自分が幸せだったことを思い出す.

そしてその気持ちを噛み締めて,抱きしめて,それでもいまも悪くないぞ,と改めて思ったり,よしもう一度がんばろう,と前を向きなおしたり.

読み終わってしみじみ思う.ああ,この作者さんは,谷川さんはやさしいなあ,と.

日々あわただしく過ごしていると,自分がほんとのところ何を思っているか,何を感じているか,ということに鈍感になるんだよね.本作では仕事している女性の話に見られるように.
でも,ふと立ち止まって,自分が何を感じているのか思うことは,癒しになる.
ああぼくはいま寂しいんだなあ,と思ったって,それをきちんと実感することは,ある種の癒しだよね.
「おひとり様物語」は,谷川さんのやさしさに触れて,その感覚が誘い出されてくるような,そんな作品だ.

…….

ちなみに,自分がなにを感じているか思い出そうね,と語りかけてくれる谷川さんの作品は,他にもたくさんある.
個人的には……ってなかなか選べないけど,「手紙」収録の「ソラミミハミング」や,「P.S. アイラブユー」収録の「P.S. アイラブユー」や「Room201 episode 3:H市」なんかが好きだ.

  

あ,いや,でも谷川さんを初めて読むなら「くらしのいずみ」かなー.この作品には,やられるひとは一発でやられると思う.


[PR]
by LIBlog | 2010-03-15 22:28 | マンガ・本 | Comments(0)

「トルネコの大冒険クリア動画」にニコニコ動画の原点を思い出させられた

きっかけは何だったか忘れてしまったが,ずいぶん昔に見ていた「トルネコの大冒険クリア動画」シリーズを久々に見直してみた.
これ,いま見ても非常に面白い.シリーズ最後まで見通してしまった.そして,ニコニコ動画の面白さの原点が何だったのかを思い出した.

マイリスト トルネコの大冒険クリア動画 (不思議編&もっと不思議編)‐ニコニコ動画(9)

トルネコの大冒険クリア動画その1

――――――――――――――――――――――――

ニコニコ動画の視聴には登録が必要です(こちらから.無料です).

――――――――――――――――――――――――

投稿されているのが2007年初頭だから,ニコニコ動画の黎明期と言ってもいいと思う.sm番号5桁だし.

内容は,スーパーファミコンで出たゲーム「トルネコの大冒険」(→ トルネコの大冒険 不思議のダンジョン - Wikipedia)をクリアするまでを収録したゲームプレイ動画.
動画の内容はプレイ画面だけで,いまやゲームプレイ動画には当たり前のように実況や投稿者コメントなどが入ることを考えると,この構成はものすごくシンプルに感じる.

ところが,これ,プレイ画面を見ているだけでぜんぜん飽きない.それは,このゲーム自体が,のちにシレンなどで展開されていくように非常によくできたゲームだということもあるけれど,プレイヤーがかなり熟達していることも大きい.なにしろ,ちょっと不思議,不思議,もっと不思議のダンジョンをそれぞれ一発クリアしてしまっているのだから.
プレイヤーの洗練されたゲームプレイに思わず見入ってしまうのだ.

毒けし草をおばけキノコに投げると大ダメージ.知らなかった…….コメ見ると常識っぽいけど.
e0175273_20472576.jpg


やっかいな敵,爆弾岩もきちんとダメージ調節をして爆発させずに倒す.これは怖くて私にはできないなあ.e0175273_20522187.jpg

しかしプレイ内容もさることながら,この動画が魅力的なところは,コメントだ. コメントを追いかけながら見るのが非常に楽しい.
構成がシンプルな分,プレイヤーの心を想像したり,疑問とか解説とかを視聴者が入れたり…….
そしてなにより,悲喜こもごもを共有できる楽しさがある.

チャンスがくればみんなで喜ぶ.これは最強の盾「はぐれメタルの盾」を入手した直後に,空腹が遅くなるというチート級のアイテム「皮の盾」を続けざまに手入したところ.我がことのように喜ぶコメントがほほえましい.
e0175273_210412.jpg


しかしチャンスの後にピンチあり.絶体絶命の危機に陥ることもある.体力が減っているときに強敵に囲まれ,しかも罠により眠ってしまった!
e0175273_2121683.jpg
このときの阿鼻叫喚っぷりもなかなかのものだ.
e0175273_2134285.jpg

ときには遊び心が光るものもあり,笑わせられてしまう.

今では流れてしまっているコメントだがこれは凄かった.敵を即死させる「ザキの杖」を持ちながらもなかなか使おうとしないプレイヤーに対し,ザキを使え!ザキを使え!というコメントが目立ってきたときに発せられた一言「ザキザキうっせーぞクリフトども」
e0175273_2110369.jpg

また時間を巻き戻す「時の砂の巻物」を使ったとき,使用前と全く同じコメントが流れる.「コメントまで巻き戻ったww」
e0175273_21143426.jpg

そう,そうだったんだ.
これこそがニコニコの魅力だったんだよな.
擬似同期してのワイワイガヤガヤ.何でもないことが面白くなるのが,ニコニコ動画だったんだ.
動画の内容が素晴らしいに越したことはない.でもそれはプロにお金を払って見せてもらったっていいじゃないか.
大事なのは,この「場」だったんだな.

同じ動画を見るものとしてテレビってものがあった(過去形w)けど,そいつは街頭テレビからお茶の間に入り,個室に備えられ,そして今一度,街頭に戻ったのかもしれない.みんなでワイワイガヤガヤ見る面白さ.それがニコニコ動画を最初に見たときに感じた衝撃だったはずだよな.
と,ニコニコの面白さの原点に立ち返ったひとときだった.

…….

この動画には,街頭の熱狂だけじゃなく,お茶の間の歓談もある.
これは目的のアイテムを取った後の帰路,もう弱い敵しか出ないフロアまで着いたときのコメント.手に汗握って見ていたみんなも一安心して雑談モードに入り,思い出話に花が咲いている.
e0175273_21262556.jpg

ほっこりするなあ.

というわけで,プレイ経験がある方には今でもおすすめですよ,このシリーズ.

[PR]
by LIBlog | 2010-03-13 21:48 | 動画サイト関連 | Comments(0)