<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

信長の活躍をマンガで読む

e0175273_2144486.jpg  e0175273_2152758.jpg  e0175273_2161036.jpg


天下麻のごとく乱れる戦国時代,破竹の勢いで勢力をひろげる織田信長のもとに,人知れず暗躍するひとりの忍びの姿があった…….

「私 信長様の忍びになります!!」

織田信長の天下統一までの軌跡を,信長のそばに仕える忍びの視点から描く「信長の忍び」 1~3巻 (重野 なおき) が絶好調におもしろい. 基本は4コマギャグなのだが,基調に流れる戦国大河ドラマは今や佳境に入りつつあり,ますます目が離せなくなってきた.

「信長の忍び」の名は 千鳥 (ちどり). 伊賀の国から信長を慕ってやってきた,スゴ腕の女忍者だ. かわいい外見に似合わず,百戦錬磨の武士たちが束になってもかなわない戦闘能力と,どんな名城でも忍び込む諜報能力をそなえており,そしてかわいい外見に似合って天然ボケである.

くのいち・千鳥は当然ながら架空の人物なのだが,もうしっちゃかめっちゃかに可愛くてかっこよくて,縦横無尽にとびまわる彼女を見ているだけでホンワカワクワクする. だが彼女の故郷である伊賀は,のちに信長と激突する運命にあるはず. 彼女をおそうことになる過酷な運命の伏線もすでにまかれていて,ただ彼女のかわいかっこよさを楽しく眺めているだけではすまないだろうという予感を漂わせている.

……とはいえしかし,じつはこの作品のキモは彼女自身ではないのだ. この作品のほんとうの主人公は,オリジナルキャラクターである千鳥がかすんでしまうくらい個性的な戦国武将たち. ギャグメーカー秀吉とツンデレねね,サイヤ人もびっくりの戦士・北畠具教 (この人すげー好きだなー),最初から最後まで男前だった齋藤道三ら,魅力的な武将がこれでもかと登場し,ときに笑いを生み,ときに涙をさそう. この圧倒的に豊かなキャラクターたちこそが,この作品の本当の魅力である.

中でも特に輝きをはなつ武将は,やっぱり織田信長その人だろう.

一巻裏表紙に描かれている信長と,その正室・帰蝶. 左の二人は秀吉とねね.

e0175273_21324375.jpg


誰よりも先を見据えて天下統一のグランドデザインをえがき,鉄の意志で実行し,合戦となれば鬼の強さを発揮する. かと思うと奥方やサル・秀吉,はては忍びの千鳥にいたるまで全員ボケで囲まれた中,ひとりツッコミ役に回らざるをえずに大いに苦労していたり,超シスコンだったり,甘いものには目がなかったりするかわいさも持っている. しかしなにより魅力的なのは,実は人一倍繊細で,乱世に心を痛め,まわりの人々に気を配る,その人柄だろう. なぜ次々に戦をしかけ,争いを生んでまで天下を治めなければならなかったのか. ただの野心ではない. その根本には,誰よりもひとびとの安寧を願う心があり,しかもただそれを願うだけでなく実現可能にするだけの力もあった. それこそが織田信長という人物だったのだ.

3巻以降の信長の戦いは,裏切り裏切られの謀略を,そして大量の血を生んでいくものになっていくはずだ. その道のりをギャグテイストの作品で読んだことは,少なくとも私はこれまでにない. そういう意味で,「信長の忍び」の続きは本当に楽しみだ.

…….

そうそう,「信長の忍び」は桶狭間以降がメインに描かれているが,それ以前の信長を描いた作品で個人的にものすごく好きなものがある.
「恋する信長 - 信長物語」 (楠乃 小玉 原作,大橋 由起子 作画) だ.


こちらの作品も,ただ天才なだけでなく繊細で趣味人で,恋に身をやつしたり,独自のファッションを楽しんだりする信長の姿を描いていて,すごくおもしろい. 桶狭間以前で作品が終わってしまったのがとても残念なのだが,「信長の忍び」とあわせて読めば時代的にはちょうど補完される感じでいいかもしれない.

[PR]
by LIBlog | 2010-08-31 22:06 | マンガ・本 | Comments(0)

「ただいまのうた」に涙を誘われた

ふじもとゆうきさんの「ただいまのうた」2巻が発売された.

   

前作の「キラメキ銀河町商店街」も良かったが,こちらもすばらしい作品だ.

「ただいまのうた」は,両親を事故で亡くしてしまった5人兄弟が,悲しみを乗り越え,たがいに支えあって暮らしていく様子を描いたホームドラマ. とはいえストーリーは重苦しいものでもなんでもなく,やたらと個性的な兄弟に振り回されたり,まだまだういういしい恋心にとまどったりする5人の中の紅一点,花寺 向日葵 (はなでら ひまわり) の視点を通して,明るく楽しいほのぼのコメディ調に描かれる作品になっている.

しかしこの作品は,ただ楽しいだけでは終わらない. 私は2巻を読んでいて,ちょっと冷静でいられないほど心を揺さぶられてしまった.

2巻冒頭の話,「思い出バーベキュー」. この話は,貧乏暮しをしている花寺一家が肉にありつきたくてたまらなくなり,商店街の福引で焼肉盛り合わせセットを引くためにすべてを賭けて臨む,というドタバタストーリーで,じつに楽しく笑える話. ……なんだけど,最後になんとかして入手した肉を,自宅の庭でバーベキューセットで焼いてみんなで食べるシーンで,涙がとまらなくなった.

じつはこのバーベキューセット,みんなにとって,とくに向日葵にとってつらい思い出があるのだ. 両親が事故で亡くなる直前,一家はキャンプに行く予定だった. それが向日葵がちょっとしたハプニングを起こしてしまったせいで,キャンプが中止になってしまっていたのだ. そのままバーベキューセットは使われることなく,倉庫でずっと眠っていた. あのとき自分のせいで最後の思い出をつくれなかったこと. 事故の連絡を受けた衝撃. そのあとの喪失感. そんなものがすべて,あのバーベキューセットにはつまっているのだ.

その悲しさとつらさを分け合って暮らしている兄弟みんなといっしょにバーベキューをすることができた夜.

e0175273_22565995.jpg


ありし日を思い起こしてもの思いにふける向日葵の顔をお兄さんがのぞき込んで声をかける. 兄弟それぞれが向日葵に誘いかける. 向日葵が笑顔で輪に加わる.

これはねえ,泣かずにはいられないよ.

そうなんだ. 「ただいまのうた」が,なんでもない日常のを描くホームコメディになっているのは,それだけで奇跡的なことなんだ. つらいことを乗り越える.楽しいことを分けあう. 5人がずっとそうやってがんばってきた. 子どもたち5人がそれぞれせいいっぱいできることをやったから,あの日の暮らしを,明るく笑いの絶えなかった一日を,取り戻しているんだよね. だからバーベキューの夜,あの日と同じようにみんなで笑いあえたんだ.

彼らにとって,家族はことのほか大事なものだ. いじめられていた末っ子の梅太がいじめっ子に立ち向かうのも,家族のため. 向日葵が恋している西山くんに言われたことで一番うれしかったことも,「いい家族だね」のひとこと.

みんなでご飯を食べる. 買い物に行く. 旅行に出かける. そんなどこにでもあるような日常のひとコマだけで,いやどこにでもあるような日常だからこそ,涙が出るほど感動できる. そんな物語が「ただいまのうた」だと思う. いやもう,これはほんとにおすすめですよ.

[PR]
by LIBlog | 2010-08-28 22:57 | マンガ・本 | Comments(0)

ぷよm@sの律子にまつわる話をしたよ

ぷよm@sの話.

【アイドルマスター】ぷよm@s part1【ぷよぷよ】
マイリスト ぷよm@s‐ニコニコ動画(9)

【アイドルマスター】ぷよm@s part1【ぷよぷよ】

一週間ほど前,ブログまとめでもお世話になっているMOTさんが ぷよm@sの感想をtwitterでつぶやいていらっしゃったので,空気読まずに嬉々として私が絡んでいきましてMOTさんにお相手していただき,ぷよm@sについて語り合うことができました.

ちなみにそのときの会話は,なんと鱈Pご本人にまとめていただきました. ひええええ.

Togetter - 「ぷよm@s感想(MOTさん&LIBさん)」

またMOTさんはつぶやかれていたことをさらに展開して,ブログ記事にまとめておられます.
ぷよm@s感想:「律子」 | 続雑記(仮)

で,そのときにMOTさんから提示された視点が非常に興味深いものだったので,それをもとにシリーズを見直してみたところ,発見がいくつもありました. いやーほんとに噛めば噛むほど味が出ますね,ぷよm@s.

そんなわけで,本記事ではMOTさんの視点で最も私の印象に残ったものをひとつと,その視点を受けて私がどう考えたかについて,少しばかり書き付けておきたいと思います. part21以降を私がもっと楽しむためのメモですね.

ネタバレのため格納します.

More

[PR]
by LIBlog | 2010-08-13 22:57 | 動画サイト関連 | Comments(0)

肺をつくる

Science 329, 538-541 (2010)

りさーちあーてぃくる. なんと肺を tissue engineering で作ってしまったという論文. 正直言ってここ最近の論文では一番衝撃を受けた. 心臓やすい臓などはできたとしても,肺を作るのはかなり遅れそうだと個人的には思っていたので. これは喫煙者やぜんそく持ちの方には朗報かもしれない. といっても臨床までは少なく見積もってもウン十年はかかりそうだが. コメントあり: Science 329, 520-522 (2010)

ヒトは,ほとんどの臓器において,その一部や全部が失われてしまったら自然に再生することはできない. もし失ってしまったら人工臓器や臓器移植が必要になるわけだが,人工臓器は機能的な制約があり臓器移植は提供者や拒絶反応などさまざまな問題がある. そこで幹細胞を使って臓器そのものをつくってしまおうとする試み,生体工学 (tissue engineering) が注目を集めている.

とはいえ,臓器をつくるというのは非常に困難だ. なぜならどんな種類の臓器でも,たとえば肝臓でも心臓でも目でも,複数の種類の細胞が特定の空間的配置をとって存在し,血管が張り巡らされ,神経も正しく配置され……といった複雑かつ精緻な成り立ちをしているからだ.

ところが,本論文ではラットを使って,驚いたことに短時間ではあるが機能する肺を tissue engineering で作りだすことに成功している. 肺だよ肺! 肺の複雑さを思えばこれは驚きだ.

肺はガス交換のための臓器で,気管から気管支,そして肺胞がそれに続いて空気を取り込んでいる. 肺胞には毛細血管が隣接し,血中のCO2やO2を交換している. 肺胞はひとつの肺に数百万個もあり,すべて広げると表面積は70平方メートルにもなるという. 肺は超絶ミクロに折りたたまれているでっかい臓器なのだ. こんなものをいったいどうやって作ったというのか.

ポイントは細胞の足場 (scaffold) だ. 筆者らはラットから肺を取りだし,洗剤で肺にあるすべての細胞を洗い流して (これにより拒絶反応の問題はかなりクリアされる),細胞外基質 (extracellular matrix, ECM) だけの肺の「抜け殻」をつくった. つぎにこれをバイオリアクターと呼ばれる培養機の中で,血管や肺の細胞とともに培養し,「抜け殻」の足場に細胞が住み着くことを促した. そのようにして一週間ほど培養した新たな肺を,ふたたび片肺を欠くラットに移植したところ2時間弱ほどガス交換の機能を果たしたとのこと.

工夫されているのは,バイオリアクター中でも肺の自然な状態と同じように換気をしつづけたことで,これにより細胞の定着がかなり促進されたという. とはいえ,血管のわずかな穴も肺胞のちいさなすきまも機能上許されないはずなのに,よくぞつくったものだ. しかもヒトの肺でも同じようなアプローチがとれそうなことも示している. さすがに移植まではしていないけれど.

ところで,論文にはどうして2時間弱で機能しなくなるのかについての記載があまりない (血栓ができるらしいことはうかがえるが) のがちょっと不満だな. まああんまり情報を公開したくないのかもしれないけれど.

[PR]
by LIBlog | 2010-08-05 21:00 | さいえんす関連 | Comments(0)

語りかたと,語るものと.

ぷよm@sの話.

【ファイヤー】ぷよm@s part19【やったなー】‐ニコニコ動画(9)

【ミスミス】ぷよm@s part20【ミスター】‐ニコニコ動画(9)

【ファイヤー】ぷよm@s part19【やったなー】  【ミスミス】ぷよm@s part20【ミスター】

数日前,最近のぷよm@sの変化について他の方がどう考えていらっしゃるかを教わる機会があって,ぷよm@sを見ている自分の視点がどういうものだったのか,とかについていろいろ考えるきっかけをいただいた(感謝!).

というわけで,これまでのぷよm@sと,最近のぷよm@sについて考えたことをまとめてみたい.

過去最長クラスの長文になったw ので格納.

More

[PR]
by LIBlog | 2010-08-02 23:24 | 動画サイト関連 | Comments(0)