<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「アイマスで極めろ!!IIDX道」がおもしろい

でむおPの アイマスで極めろ!!IIDX道 が面白い.

アイマスで極めろ!!IIDX道~第1回~ ‐ ニコニコ動画(原宿)


いわゆるiM@S架空戦記シリーズってやつのひとつで,アイドルマスターのアイドルたちがbeatmaniaIIDXというゲームをプレイする,という物語. これがすごく面白いのだ. とくにbeatmaniaIIDXのプレイ部分は中毒性が高くて,何度も見てしまう.

このシリーズの魅力はいくつもある.

まずシリーズを見始めると,その演出のよさに思わず引き込まれてしまう.
音ゲーだけあってbeatmaniaIIDXから持ってきているBGMの豊富さや使い方,毎回ちょっとした工夫が光る導入や場面転換,心地よいテンポ. 亜美真美がいきなり十段に挑んで瞬殺されたり,ムキになってあっという間におこづかいを浪費してしまう場面など,テンポのよさに笑いを誘われる.

そして何より,このシリーズ最大の魅力は,beatmaniaIIDXというゲームの楽しさを体験できる,味わうことができるということ. これこそが「IIDX道」のキモなのではないだろうか.

そんな体験を視聴者に与えるのは,簡単なことではないだろうと思う.

私はbeatmaniaIIDXというゲーム (というか音ゲー全般) は未経験なのだが,こういったゲームの魅力を知るには,体感することがおそらくとても重要だろう.

作中でPがこんなことを言う. 鍵盤を叩くと爽快感がある,ハマるとヤバい.
beatmaniaIIDXの楽しさは,たぶん「やればわかる」. そして「やらなきゃわからない」. beatmaniaIIDXの面白さというのは,音楽を感じ,リズムを同調させること. 視覚と聴覚と動作をシンクロさせる快楽. 五感にそのまま訴えかけるような快感なのではないかと想像する.

このような体感ベースの,伝えにくい楽しさや快楽を,視聴者にどうやって伝えるのか. 実際にプレイしているわけではない視聴者に.

beatmaniaIIDXをプレイしたことのある視聴者は,自分の感覚を思い出して楽しめるだろう. しかし同シリーズでは,beatmaniaIIDXをやったことのない私のような視聴者でも,その楽しさを擬似的に味わえる. いわばゲームの疑似体験ができるのだ. ここの部分の見せ方が「IIDX道」は素晴らしい.

どうしてそんな疑似体験ができるのだろうか. それは,プレイヤーとしてのアイドルたちに,視聴者が思わず知らずシンクロさせられてしまうからだと思う.

アイドルたちに共感したり感情移入したり,そういう要素もすばらしい. そしてまた,むこうの世界がまさに今ここにあるかのように感じさせられてしまうという要素もすばらしい. すぐそこにゲーセンの空気が,においが漂っている. アイドルたちが確かにそこでゲームをしている. つまり臨場感があるのだ. beatmaniaIIDXの筐体がまさに自分の目の前にある.アイドルたちは息遣いすら感じられるほど近くにいる. そんな感覚にさせられてしまう. そういう演出がされている.

初心者だったアイドルたちが試しにプレイしてみる. 最初はうまくリズムを合わせることができない. 少しずつ慣れてきてうまく押せるようになってくる. でもちょっと難しい並びには歯が立たない.
しばらく練習するとかなり難しい曲もクリアできるようになる. けれどちょっと油断すると一気にゲージを持っていかれる…….

懸命にプレイする人間が,そこにいる. 生々しいほどにリアルだ.

ちょっとした演出も臨場感をきわだたせている.

e0175273_22112760.jpg

「ターンテーブルをはじく感じでスクラッチするんだ」と言われ,ちょっと試しにやってみる雪歩.カワイイ!

こうしたプレイ場面では,プレイ中に変わっていくアイドルたちの表情も見どころ. セリフがなくても何を思っているかよくわかるのだ. むしろセリフがないからこそ,彼女たちが気持ちよくプレイしていたり,しまった! とあせったり,といった心の変化がダイレクトに伝わってくる.

まあでもこれはプレイ画面を見つつアイドルの立ち絵を眺めつつセリフを追う,ということが難しいからこその表現なのかもしれないけれどね. でもこの無言の表現は思いのほか私にはクるものがあった.

中毒性すら感じるプレイ場面の魅力の源泉は,こういった細かい演出の積み重ねにあるのだろう.

これほどまで臨場感を与えられてゲームとアイドルたちと自分をシンクロさせてしまうと,あとはもう思いのままハラハラドキドキさせられることになる.

いちどリズムが狂ってしまうと一気に崩れ,あわやゲームオーバー!?というところまで追い込まれる.

e0175273_22114976.jpg


しかしなんとか難所を抜けて即死を免れる. さあクリアできるか?

e0175273_22122333.jpg


いやー楽しい.じつに楽しい. 演奏してる,体感してるよ自分! 押してるよ鍵盤を. 回してるよターンテーブルを!

さて,こうやって視聴者につたえられる主題,beatmaniaIIDXは楽しい! これがのちに物語に深く強く影響を与えていくことになる. はじめはプレイ場面とツナギ程度の会話で進んでいたこのシリーズの中で「物語」が大きく動きはじめるのだ.

律子さんと千早と美希をめぐって大きくうねり流れていく物語のキーになるのは,最初から最後までbeatmaniaIIDXは楽しい!というメッセージ. その軸はけっしてブレることがない. 視聴者がすでに体感として掴んでいるこの感覚を中心として物語がうずを巻いていくので,結果たどりつく物語の結実点に大きな説得力を感じる.

ただ物語があるだけではなく,視聴者が体感レベルで持っている感覚に根ざした流れを物語に持たせているから,強い納得感を得られるのだと思う.

ただし.……あくまでこれは個人的な嗜好にすぎないんだけど.
でむおPの説明の丁寧さに,うーんそこまで言わなくても分かるけどな,と思うことはある.
第6回で難曲をクリアしたPに,美希が「すっごく楽しそう!」と言ったりする場面. ここでPがゲームを「楽しんでいる」ということは物語上とても重要なことなのだけど,そのことを美希に言わせなくても,プレイ部分だけで十分すぎるくらい伝わっているんだけどな,と思わないこともない. プレイ場面ではセリフなし・表情の変化だけであれだけの心情の移り変わりが伝わってきたのに.

まあでもこれは好みの問題に過ぎず,それが欠点だというつもりは全然ない.もともとIIDXの説明がとても丁寧であるからこそ未経験の私でも楽しめた作品でもあるわけだしね.

最後は余計なことを言ってしまったが,第7回までで,事務所のアイドルたちみんなでIIDXをプレイするぞ!というところに辿り着いた.いよいよこれからが本番といったところだろう. まだ見ぬ小鳥さんのプレイはどんな感じなのだろう. 美希のプレイは. 亜美真美の上達はどれほどか. いおりんは苦手意識をぬぐい去れるのか.

続きがほんとうに楽しみだ.

[PR]
by LIBlog | 2010-11-27 22:32 | 動画サイト関連

ぷよm@sの話をしようぜ

ぷよm@sをめぐる語りについて.

【アイドルマスター】ぷよm@s part1【ぷよぷよ】
ぷよm@s ‐ ニコニコ動画(原宿)


ぷよm@sを語る言葉は,ネットを探せば探しただけザクザクと見つかる.

ぷよm@sに関するブログ記事の多さはその一例といえるだろう. Vinegar56%さんが ぷよm@s関連のブログ記事をレビューされていたのは記憶に新しいが,ブログ記事へのリンクとコメントだけでも凄い文章量を必要としていたことが,その豊かさを証明している.

しかし,ぷよm@sを語る場はブログだけではない. ニコニコ大百科の掲示板やtwitter,さらには各種SNSやチャットなど,よりコミュニケーションに適した場でも,これまでにたくさんの ぷよm@s語りがされてきた.

私としては,できる限りそのような「語り」も追いかけたいと思ってはいる……のだけれど,全てをフォローするってのは無理な注文なんだよなあ.

とはいえ,そのような「語り」を個人的にローカルに溜め込んで死蔵しておくのはもったいないな,と最近になって思うようになった. きっかけはやっぱりVinegar56%さんの記事だったりするのだけど.

そこでとりあえず,twitter上で語られた ぷよm@s論だとか ぷよm@sに関する会話などのtogetterでのまとめを以下にリンクしてみたい.

Togetter - 「ぷよm@sにはまる夜」
海燕さんが ぷよm@sを紹介されて,その面白さにハマっていく様子を生々しくとらえた記録. お前は俺か(失礼!).
このような光景は今でもそこかしこに見ることができる. そのたびにニマニマしながら,うんうんそうだよねーわかるよその気持ち,と思うことになるわけだ.
またi_say999さんのコメントが鋭いんだこれが. なるほどねえ,確かにそうかもしれない.

Togetter - 「ぷよm@s感想(MOTさん&LIBさん)」
ブログまとめやデスタワー超進化の原動力のひとりMOTさんが律子さんというキャラクターについて非常に説得力のある解釈をつぶやいていらしたので,これ幸いと,それは面白いですね,と私が絡んでいって語りあわせていただいたもの. ことしの八月にいくつかtwitterに投下されたぷよm@s語りの一つの呼び水でもあった,と私は勝手に思っている.

Togetter - 「悪来(仮)さんによる,鱈Pの文章についてのツイート」
ぷよm@s愛に溢れる記事をたくさん書いていらっしゃる悪来(仮)さんによる,ぷよm@s作者介党鱈Pのテキストについて論じたツイート. 鱈Pの文章はとても読みやすく明快で素晴らしいが,悪来さんはさらにキャラクター表現までそこから読み取っている. さすがとしか言いようがない.

Togetter - 「2010年8月14日 ぷよm@sについて,@L_I_Bと@kazumaxさんと@kitchompさんとで語りあったよ」
八月のぷよm@sツイートをもうひとつ. こちらは私とカズマさんきっちょむさんとで,ぷよm@sの物語展開について語り合ったもの. 私にとってはtwitterで自分が好きな作品を語り合う楽しさを初めて知った瞬間だった,ような気がする. いやー楽しかったなー.

Togetter - 「烏蛇さんによる,ぷよm@sの構成に関するツイート」
これは比較的最近になってのもの. 烏蛇さんによる,ぷよm@sの構成に関する論. 鱈Pの動画説明文に対する視聴者の応答タグ「中だるみ詐欺」と,ておくれPのアイマスクエストに同様に見られる「息抜き詐欺」との比較から,ぷよm@sの構成について論じておられる. ぷよm@sの構成については,すっきりぽんPのこちら (→おなかすっきり、ぽんと出る 2009年上半期ノカデミー賞 応募) の記事のコメントが思い浮かぶけれど,こちらはさらに詳しく具体的に言及しておられ,なるほどなーと思わされる.

Togetter - 「スコーンさんによる ぷよm@s語り」
こちらもごく最近,スコーンさんによって投稿された,ものすごい量のぷよm@s語り. 内容はキャラクターからぷよ戦考察まで多岐に渡り,熱気をムンムンと感じる. ヘルファイアの考察では,その考察自体が逆フラグになることを願っておられるなど,愛ゆえのアンビバレントな気持ちを感じてしまう.

好きな作品を見るのは楽しい. その作品について論じるのもまた楽しい. そして,同じ作品を好きな方々とその作品について語り合うのは,もうこれ以上ないんじゃないかというくらいに至福のひと時だ. 私はここにリンクした方々のつぶやきを読んでいた時も,語り合った時も,ものすごく楽しかった.

だからぷよm@sファンの方,どんどんぷよm@sについて語りましょう! ブログでもtwitterでも! きっと楽しいですよ!

[PR]
by LIBlog | 2010-11-24 23:39 | 雑記

長月みそか 「少女素数」 二巻

長月みそか先生の「少女素数」二巻が発売された.


12歳で,ハーフで,ふたごで,年の離れた兄が大好きな少女がひたすら可愛い作品. 学校の友達とワイワイしてたり,どこかに出かけたり,淡い恋心にとまどったり,とにかくいろいろなシチュエーションでオンナノコを楽しめる.

長月先生といえば前作の「HR ほーむ・るーむ」 (全二巻だが私は一巻が好きなのだ. 状況が動きそうで動かない日常が) もそうだったけど,中学生くらいの女の子の危うい感じがとてもいいよなあ. ほそっこくて折れちゃいそうだけどしなやかで美しい.

でね,今巻を読んでて思ったんだけど,長月先生のキャラクターは割とオーバーアクションだよねえ. 喜怒哀楽がかなり大きく出る. 一昔前のマンガみたいな感情表現の大きさだと思う.

これ,中学生くらいの年齢の子たちがはしゃいでいるときの,あの雰囲気がすっごいよく再現されてるように感じるんだよね. もうオッサンの私からしたら本当にどーでもいいようなことで,やかましく騒ぎまくっている,あの感じ. この年代特有だよねえ.

人とのかかわりが家族とクラスくらいで,小さなことで悩んだり騒いだり,自分や周りの変化に戸惑ったり. そんな少女のすがたを眺める,ってのもいいもんですねえ.

[PR]
by LIBlog | 2010-11-21 22:21 | マンガ・本

TONO先生のマンガが好きだ

きちんとした文章は書けなくても,中途半端な文章なら書けそうな昨今. また中途半端に書いてみる.

TONO先生のマンガが好きだ.

最近13巻が出たカルバニア物語は,ずっと以前から好きで読んでいた. 王子さまやお姫さまがゴロゴロ出てくる中世ヨーロッパっぽいファンタジー作品なんだけど,ヒロインのひとりが暴力が大好きで悪者とあれば平気で人を殺したりとか,ところどころ少女マンガとは思えない展開を見せる作品だ.

13巻も,完全に悪役として登場したはずのイイトコのおぼっちゃんが成長するきざしを見せたり,ヒロインが女同士でいがみあうなど嫌な面を見せたり,やっぱりちょっと意外な面が多いんだけど面白い.

……で,TONO先生の作品はカルバニア物語しか読んでいない時期がけっこうあったのだけど,たまたま本屋で砂の下の夢という連作短編集を見かけて買ってみたら,これがまた,やたらと面白くてびっくりした. こちらは連作短編集で,砂漠に住むひとびとが死者の力を借りて砂漠にオアシスをつくり,旅人に憩いをあたえたり,そこで死者たちと旅人とでひと悶着があったり……といった話. 安易なイイ話でもなく,厳しいだけの話でもなく,また主人公である中性的な長身痩躯の若者二人に色気があって非常に良かった.

2巻の表紙,好きだなあ↓

これに感動したので,TONO先生の作品を片っ端から集めてみたんだけど,いやーどれも面白かった. 連載中の,人魚の物語を想像する女の子と,その人魚たちの物語「コーラル」,モデルを仕事にする少年少女たちを描いた「ラビット・ハンティング」などなど,とても好きだ.

中でも特に印象に残ったのが,「チキタ★GUGU」全8巻.


これは……どんな話と言えばいいんだろう? ええと,主人公チキタ・グーグーは少年のとき家族をみんな人食い妖怪ラー・ラム・デラルに食い殺され,自分も殺されそうになったところをあやうく助かる. なぜ助かったかというと,チキタは,いまは非常に不味いんだけど長い時間を経ると美味しくなるという特殊な体質を持っていたから. それからチキタは家族を皆殺しにした人食い妖怪ラーに,あとで食われるために大事に育てられることになる. 「大事に育てられる」というのがこれまた極端で,その妖怪の力で彼はほとんど不老不死になってしまう. そのうちその人食い妖怪との間に絆が芽生えて…….

なんじゃこりゃ. どう考えたらいいんだ,このストーリーは.

チキタは不老不死になったことで人間世界から離れていくことになってしまう. まわりの人間からは気味悪がられ,相思相愛だったはずの幼馴染の女の子がよそに嫁いでいくのを見送り,自分に惚れていた女の子が妖怪と戦って死に…….気づいたら彼はいつの間にか人間ではなく,妖怪の世界にじわりじわりと近づいていってしまうんだよね. でももちろん妖怪の世界にも受け入れられるわけじゃない. 同じような不味い人間・妖怪カップルのクリップとオルグもそんな感じで,人の世界でも妖怪の世界でもない,その境界に居を構えることになっていく.

途中で何度かどんでん返しはあるものの,ついに人間の世界に,社会には戻っていかず,妖怪と人間のはざまの世界で人生をまっとうするチキタとラー,クリップとオルグ. なんというか「二人だけの世界」の究極みたいな形で完結をみせるこの作品. ストレートな感動とはまた違うけれど,とにかく強く印象にのこる作品だった.

チキタ・GUGUは完結しているけれど,連載中の作品は「カルバニア物語」「コーラル」「ラビットハンティング」「砂の下の夢」と以外に多いので (たぶん他にもある),これからも追いかけるのが楽しみだ.

[PR]
by LIBlog | 2010-11-20 21:10 | マンガ・本

『「ぷよm@s論」論』論?

連載されている作品をリアルタイムで追いかけているとき,つぎつぎに更新される作品をどんどん体験し続けていると,その作品世界にどっぷり浸っている感覚になる. しかし実のところ,新作を体験していなくたって,そんな感じになることだってあるんだよね.

ここのところ何週間かは,まさにそんな感じで,ぷよm@s成分がたっぷりだった. ぷよm@sについての語りがつぎつぎとあちこちのブログ上で展開されていて,ぷよm@s語り史上(?)でも有数の熱い期間だったような気がする.

それらを受けていろいろと思うことも多いので,私としても何か反応したいと思う……んだけど,最近なんというか,まとまった文章を書く気力みたいなものがなくなってきているので,何かを論じるって感じではなく,いま思いついたことをそのまんまフラフラと垂れ流すって感じで書き連ねてみたい.

で,まずはなんといってもこちらのぷよm@s論シリーズでしょう!

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  偶像とダンスだ!

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  メモ:気になる記事リスト(偶像とダンスだ! 関連)1

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  メモ:気になる記事リスト(偶像とダンスだ! 関連)2

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  メモ:気になる記事リスト(偶像とダンスだ! 関連)3

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  メモ:気になる記事リスト(偶像とダンスだ! 関連)4

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  偶像とダンスだ! 補足というかなんというか


Vinegar56%さんによる,ぷよm@sの受け取られ方――とくにぷよm@sについて語っているブログ記事の焦点の当たり方の変遷――から逆にぷよm@sを論じるという凄まじいシリーズ. いやー凄かった. 連日のように更新されていたときは本当に毎日楽しみにしていたし,ずいぶん久しぶりに過去のブログ記事を読み返して,こちらもとても楽しかった.

んで,たぶん妄想するに,この一連のシリーズのきっかけになっているのはこちらの記事じゃないかなあ:

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  「敵」を出す難しさ、「敵」のリスク(1)

「物語を盛り上げたりしたいと思っても,とくに勝敗がはっきり決まってしまうような展開では,さまざまなファン層からなる視聴者をみんな納得させるのはなかなか難しいよね. じゃあどうしようか」みたいな,上のぷよm@s論シリーズ全体をつらぬくテーマみたいなものは,こちらの記事が発端になっているような気がする. さかのぼろうとすれば更にさかのぼれるのだろうけど,あまり深追いはしない.

MOTさんのすばらしい仕事 (Come sono bravo -wiki- - ぷよぷよ:ぷよm@s紹介ブログまとめ) もあって,ぷよm@sを語るブログに関しては,視聴者の「受け取り方」をほとんど漏らさず追いかけることができる. ならばその受け取られ方がどう変わってきたか? を語ることで,たしかにぷよm@sを語ることはできるはずだよね. そんな論じ方は私の実力ではとてもできないけど. あらためて思うけどVinegar56%さんはスゲーなー. そんな凄い論じ方をして,しかも読んでて面白かったからなあ.

ただちょっとひとこと言いたい. こちらとかで拙記事を紹介していただきコメントまで頂いているのは嬉しいのだけど,ちょっと過大評価じゃないだろうかw 「~を語る時代の到来」みたいな感じではなくて,むしろ個々のブロガーの方々が独立に,おのおのの視点から語りをしておられたような印象がある. それはゆるやかに影響を与え合っていたかもしれないけどね.

とはいえ,私は他のブログに影響を受けまくっているんだけど. 今回ブログ過去記事を読み直していて,改めてそれがよくわかった. というか,それこそ美希と千早を「主語」にしていては見えてこない物語などなどを,ブログでの豊かな語りに教わっていたんだけど.

最近でもその傾向はぜんぜん変わらなくて,たとえばりっちゃんを巡って,他の方々にものすごい影響を受けまくっているんだよね.

この記事 (物語の「主語」が変われば,物語の世界も変わる.……かも.) は,悪来(仮)さんのこちらの記事 (「震天動地」(ぷよm@s Part19感想)) などなどから教わった視点だし.

さらにそれはMOTさんの視点 (ぷよm@s感想(MOTさん&LIBさん) ぷよm@s感想:「律子」) を受けて,こんな感じで変わるし (ぷよm@sの律子にまつわる話をしたよ).

さらにぶら樽さんの記事 (大戦面白いです) を読んで,こんな感じに変わるし (相手を叩きのめす快感に身をゆだねるのは,そんなにいけないことか? ということ.).

節操がないこと,この上ない.

でもやっぱり,自分では気づけないことを教わりたいし,思ってもみなかった視点を得て,ぷよm@sをさらに楽しみたいとも思う.

そんなわけで,ぷよm@sについての語りも,どんどん盛り上がってくれたら嬉しいなあ.

…….

カズマさんの記事とかdamehumanoidさんの記事とかも滅茶苦茶おもしろかったので,この文章の中で触れたかったんだけど,もはや力尽きたので筆を置くです……. だめだーやっぱり文章を書く体力がなくなってるー. もっと言いたいことがあったはずなのにー.

[PR]
by LIBlog | 2010-11-19 22:56 | 雑記

ぷよm@s part22

ぷよm@s part22が来ましたね!

【温泉】ぷよm@s part22【まだか】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

マイリスト ぷよm@s‐ニコニコ動画(ββ)

【温泉】ぷよm@s part22【まだか】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

直前に番外編3 (→【左を見ろ→】ぷよm@s 番外編3【バカこっちは右だ】 ‐ ニコニコ動画(原宿)) も投下されていて,ファンとしては連日のぷよm@s祭りにホックホクです. いつも,もっと見たい,もっと続きを知りたい,と思わされていますからね. それこそ雪歩ばりに.

というわけで以下,part22の感想です. ネタバレを避けるため格納します.

More

[PR]
by LIBlog | 2010-11-03 00:15 | 動画サイト関連