物語の「主語」が変われば,物語の世界も変わる.……かも.

ぷよm@s part19の反応を受けて思ったこと.

いつも ぷよm@sの新作を見たあとはネットで感想を読むのだが,今回はことのほか,同じ物語のべつの受け取り方について印象に残った.

以下,格納します.





part19を受けて,動画のコメントだとか,ニコニコ大百科 ぷよm@sのスレッドなどを見ていると,りっちゃんは不憫,という反応が多いように映る.

こちらの記事でも同じような受け取り方だろうか:

「震天動地」(ぷよm@s Part19感想) - 見る専プロデューサー生活、始めました

私はぜんぜんそういう受け取り方をしていなかったので,これはちょっと意外だった. 私は一見したとき,ラストのシーンでは,むしろ律子さんは新しいぷよぷよの戦略に気付いて,かえって喜んでいるんじゃないのか? などと思っていたからだ.

しかし改めてそういう視点でpart19を見てみると,たしかにそういう受け取り方ができる (できるというか,むしろそっちのほうが作者が意図した描写かもしれない),ということに気づく. なるほどなー.

で,こういう受け取り方の違いって,ひょっとしたら誰を「主語」に物語を体験するか,というところから来るのかもしれないな,などと思った.

私はどうしても千早美希を主語に ぷよm@sを見てしまうことが多い. 千早が,美希が,何を思い,何をした. するとまわりがこんな影響を受けて,こういうことを始めた. そんなふうな受け取り方をしてしまう. 結果として,まわりのキャラクターへの感情移入が相対的に低くなってしまうような気がする.

そうではなく,律子さんの「物語」を,律子さんを主語にしてきちんと受けとめれば,その反応は,律子さんは不憫,というものになるのかもしれない.

…….

私の反応が,あるいはそうではない方の反応が,正しい (または間違った) 受け止め方だ,という話をしたいのではない. そうではなく,同じ世界を「主語」を変えて眺めることで,違った世界が見えてくるのではないか,ということを思ったのだ.

こちらの記事を読んだときも同じような違いを感じた. 同じ物語を,私とは違う「主語」で眺めた結果,私とは違う世界を見ていらっしゃるな―,と.

ぷよm@s part19 - Damehumanoid 曰く

こういうさまざまな「主語」の違い,おそらくその結果としての世界の見え方の違い,というのは面白い. 自分一人では気づくことができない「主語」の違いをもっともっとを知ることができれば,物語の楽しみが二倍三倍にもなって返ってきそうな気がする. それが,物語そのものだけではなく,その感想を読むということの大きな楽しみのひとつだ.
[PR]
by LIBlog | 2010-06-16 13:03 | ねっとさーふぃん | Comments(2)
Commented by 悪来(仮) at 2010-06-17 04:23 x
コメントはお初だったでしょうか?ぷよm@sやニコ動関連の記事はいつも興味深く拝見させて貰っております見る専Pの悪来(仮)です。

美希のような視点に立つと「また1人強い人と組み方が!」という嬉しさで胸がいっぱいになる、というのは凄く良く分かります。
千早だと「この連鎖法にどうやって勝つ?」みたいな視点になるのでしょうか。
ただ、律子は千早を倒すためだけに積み上げてきた戦法や理論を思いもかけぬ方向から、
それも大道芸と断言していた致死2連鎖にへし折られたことのショックのほうがやはり大きいと思います。
律子もぷよ好きとは公言しているものの、その向いているベクトルやレベルは美希や千早とは同じ領域ではないですからね。
「新しい戦略が出てきたことを楽しむ」領域に行くまでにはまだしばらく時間がかかるのではないしょうか。

しかし、人によってこうまで見る視点が違うのかというのは驚きでした。
中心に何を据えるか、で大きく変わるものなんですねぇ。
Commented by LIBlog at 2010-06-17 12:35
悪来(仮)さん,コメントありがとうございます.ブログいつも拝見してます.

律子さんについて,おっしゃるとおりだと今では思います.
じつは昨日からpart19を見直すたびにどんどん律子さんに感情移入していって,ラストの律子さんのセリフや表情に「呆然」としたような心情を見るようになってきているんです.

私の見方は美希・千早視点に偏っている,という自覚はつねにあります.
そういう見方は,第二部までの「ヒーローもの」的展開であればいいのですが,第二部終わりからのぷよm@sは明らかに群像劇になっていますので,これは楽しみ方として損かもしれないですね.
今回は皆様に,べつの視点,べつの「主語」を導入する見方を教わることができました.

ところで,
>「新しい戦略が出てきたことを楽しむ」領域に行くまでにはまだしばらく時間がかかる
この「まだしばらく時間がかかる」という言い方,いいですねえ.
その「時間」を描くものとして律子さんの物語を想像してみたりすると,それだけでなんだかちょっと泣けてきます.
美希と律子さんはお互いにないものを持っている二人だと思うので,ほんとうは私はこの二人のタッグみたいなものが見てみたかったりするんです.
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アイマスクエスト復活と聞いて ぷよm@s part19 >>