2011年 04月 11日 ( 1 )

星里もちる作品について

二か月近く放置気味なので,軽く文章を書くリハビリ的なエントリを,ほかのブログさんに乗っかって書き散らしてみる.
星里もちるの漫画を読もう! - Something Orange

星里もちる先生いいですよね! 「夢かもしんない」以降ちょっと遠ざかっていたけど,また追いかけてみようかな.

私の場合,「りびんぐゲーム」が星里もちるとの出会いだった. いずみちゃん可愛かったなあ. そこから過去作を辿って,最新作を追いかけて,という感じで「危険がウォーキング」「結婚しようよ」「夢かもしんない」と,名作の数々を夢中で読んだ.

中でもとくに印象深いのが「いきばた主夫ランブル」「わずかいっちょまえ」の二作. 後者は先のブログエントリでも紹介されてるね.

「いきばた」の方は,男性の生き方として “主夫” もアリなのだということを考えてもみなかった自分にとって目からウロコの作品だった. そして「わずか」は思春期に揺れ動く女の子のあやうさと,それから初期の「らいか・デイズ」あたりにもつながる,優秀さ,聡明さゆえに感じてしまう距離感や寂しさなんかが やたらと胸にくるものがあって大好きだった.

……ただ最近の作品は絵柄がなあ. 90年代の星里作品での女の子の絵がすごく可愛くて,それも大好きだったんだけど,最近の絵は,なんというか固さ? みたいなものを感じてなかなか入り込めないんだけどね. ……食わず嫌いせずに読んでみようかなあ. あ,「ルナハイツ」の主人公はちょっとガンコすぎて あんま好きじゃないんだよなあ……うーん.

…….

リハビリ気味とはいえ,なんという一貫性のない文章であることか.

[PR]
by LIBlog | 2011-04-11 21:16 | ねっとさーふぃん